『子育てママの私が片づけに夢中になった理由(仮)』発売中

2013学習机 浜本工芸

いや~、本当に今年は学習机の展開が早いですね~
家具店に出揃うのも早ければ、みなさん購入するのも早い
昨年は11月の暮れから学習机の記事を書き始めたんですけど、
今年はまだ11月初旬なのに書き始めが遅く感じる・・・
ここ10年以上でもっとも早いような気がしますね~
一般的に、学習机を早く決めるのは、やっぱり色々なこだわりがある方です。
早く買わないと、人気機種が売り切れちゃいますからね。
そこを狙ってか、各店とも「早期購入割引」を用意しているもんだから、
ブランド品=値崩れしない商品を買おうと思っている方が
「いま買わないと!」と急いで買っているんだと思いますが、
確かにそれは賢明な選択だと思いますね
というわけで、やはりブランド品から説明していきましょう。
収納マンも2年前に買いました、浜本工芸からです。
さて・・・2013年度の浜本工芸ですが、基本的には昨年度と変わりません。
主力商品はやはり、ベネッセ&カリモクの学びデスクもどきのNo.13デスク
今年からですかね?学びデスクのセット割引・・・。
基本的にはベネッセのは割引がないのでこれはお得だと思いますが、
同等かそれ以上の品質である浜本工芸のNo.13デスクなら
ほぼ同じ組み合わせで定価でも146,160円、
家具店で値引きしてもらったらセット割引の学びデスクより
3~4万円くらい安くなるんですから、そりゃあお買い得です

あと、2013年度の浜本工芸で目を引いたアイテムはNo.05デスク
お~い、ちょっと待てよ、マネモトさん!
家具業界のギャラクシーSですね(爆)
 
まあパクリ疑惑(?)はともかくとして、
個人的にはベーシックデスクとしてオススメな感じです。
浜本工芸にしては洗練されたデザインだし(ただしパクリ?)、
カリモクのピュアナチュールと違って本体天板下に大引出が標準で付きますし、
オープン塗装のピュアナチュールに対してクローズ塗装なので
風合いはともかく汚れにくく硬い表面塗装と言えます。
さすが国産家具業界のベンツと言われるだけあります。
まあ最近の業界人の中では
国産家具業界の現代自動車と言われているのかもしれませんが・・・
もうひとつ気になったアイテムはコチラ

以前にこんなデザインの飛騨産業の学習机があったような気が・・・。
まあ少なくとも今はないんで、ほとんど問題ないんですけど・・・。
ラインナップと言えば、今年の浜本工芸にはひとつ不思議なところがあります。
それは、学習机がナチュラル色とブラウン色の2色展開なのに、
学習椅子にはミディアム色のものが結構あるんです。
昨年度はNo.1000ユニットにミディアム色があったんですけど、今年度は廃番。
ほかに2013年度カタログにはミディアム色のデスクはありません。
まあ、昔は基本的にダークオーク色だけのメーカーでしたから
椅子の買い替えや他メーカーとの組み合わせ用に残しているのかもしれませんが。
実際、しばらく学習机のラインナップになかった
ダーク色の椅子もありますから・・・。
(今年度から学習机を買う方にはまったく関係ない話ですけど・・・
まあ今年度の浜本工芸はザッとこんな感じですけど、
浜本工芸のおすすめポイントはやっぱり、
とにかく材料が抜群に良いこと。
量産品でもっとも良いナラ材を使っています。
(というより正確には、他社の多くはナラではなくオーク材。)
浜本工芸はナラ材専門の家具メーカーなので
良い材料を安価に仕入れることができるんです。
今は知りませんが、以前は住宅メーカーを含めても
日本で一番多くのナラ材を仕入れていたという話ですから。
あと、引出内部材の桐も、他メーカーより美しいのを調達してます。
そして品質。少なくともナラ材を扱わせて浜本工芸を上回る
家具メーカーは他にはありません。
引出の作りも非常に素晴らしく、スムーズに開閉できて、なおかつ頑丈!
「引出がシッカリしていてこその学習机、
 引出が良くない学習机なんて、ただの台」
がポリシー(?)の収納マンですから、
この点は本当に大事なところですね。
以上、デザインはやや微妙なところがありますが、
本物志向の方にはかなりオススメのメーカーです

コメント

  1. ai より:

    収納マンさま
    2週間ほど前にコチラのブログをみつけて熟読させて頂きました!
    大変参考になる記事ばかりで、勉強になりました。
    収納マンさまのブログを読んでから猛烈に浜本工芸の机が気になりだし、本日注文して来た次第です。
    今回の記事に登場してきたNo.05の100㎝です。
    狭い部屋でも圧迫感の無い足の形状が気に入っています。
    コチラのブログのおかげで色々とあまり迷う事無く決める事ができました。
    ありがとうございました!!!
    ちなみに、インターネットでの注文が断然安い物と思っていたらそんな事も無いのですね。
    家具屋さん頑張ってくれました^^

  2. 収納マン より:

    aiさま
    はじめまして。うれしいご報告をありがとうございます^^
    No.05デスク、良いですね~。
    届くのが待ち遠しいですね♪
    価格については確かに、やはりブランド品は実質的に価格統制されているので(特にネット上では)、家具店で交渉してもらったほうが安い場合が多いかもしれません。
    まあいずれにせよ、やっぱり良いものは実物を見て判断してもらったほうが良いですね。高い買い物だし。
    その上でお近くのお店で買っていただければ、より安心感も高いと思います^^

  3. yh より:

    学習机深いですね~。
    私も調べていましたらこちらのページへ辿りついたものです。
    初めは軽いノリで、杉工場のクォーレを買おうと決めていましたが、見れまわれば見るほどわからなくなってしまい、堀田木工さんにも誘惑され、結局、高い!ムリ!と外していた浜本のNO5に行き着きそうです。。ブックスタンドのハイミドルタイプかロータイプの100幅にしようか悩んでいます。(バックパネルはコンセント別なのでブックタイプにしました)どちらがデスクを有効利用できるのでしょうか?我が家はそう広くないので、①収納力がある②圧迫感がない ものを探していました。収納マンさんの見解はいかがでしょう?姉妹で2台購入予定です。どの位で手を打てるか。。週末がんばります!!また結果をご報告しまっす!

  4. 収納マン より:

    yhさま
    はじめまして^^
    杉工場のクォーレから浜本工芸のNo.05で決定ですか~。
    やっぱり、良いものを見たら無理しちゃいますよね^^;
    さてブックスタンドですが、No.83ロータイプ(100)かNo.63ミドルタイプか・・・難しい質問ですね~^^;
    収納量だけで言えば、No.63ミドルのほうが3割ほど多いです。幅60cm弱が2段で実質120cm弱。さらに、No.83ロータイプの場合はブックスタンド上にデスクライトを取り付けることになり、その分すこしだけ収納量が減るからです。
    一方、No.63はデスクの幅の2/3を占めますので思いのほか大きく感じると思います。背も数字以上に高く感じられるかもしれません。特にファイル類を目いっぱい収めると、幅60cmの2段カラーボックスがドンと乗ったくらいの印象になりますから。
    一方、パッと見た目では、No.63ミドルを乗せたほうが圧迫感は少ないと思います。天板の奥行が目いっぱい見えるからです。しかしデスクに座る姿勢に近づくほどNo.63ミドルを乗せた場合のほうが圧迫感が強くなります。ブックスタンドのほうが目線より高くなるからです。
    またNo.83ロータイプの場合はデスクに座った状態ではデスク天板のほとんどの部分が見えており、圧迫感は少なくなります。逆に離れたところから見るとブックスタンドの下側の部分が影になり、奥行を十分に感じられなくなります。
    そんなわけで、見た目の点では五分五分です。
    実際の使い方としては、No.83ロータイプの場合は半分に飾り物をして、半分に教科書類などを置くことが一般的でしょうか。
    No.63ミドルの場合は上段に飾り物、下段に教科書類、という感じですかね。収納量はNo.63ミドルのほうが多いわけですが、小学校低学年時は椅子に座ったままだと上段の本は手に取れないと思います。
    あとはNo.63ミドルのコンセントの位置はちょっとどうかなぁとは思います。本などを目いっぱい立てるとなると、ちょっと邪魔な位置ですね。
    そんなわけで、これをどちらか選ぶのは大変難しいです。
    個人的には、ウチの子供はNo83ロータイプのような形状のものを使っていて満足していますが、デスクライトが本来デスク天板に直接取り付ける形のものにしてしまったのでちょっとライトの位置が高い点が少し不満です。もっとも、その点を考慮してデスクライトを選べば良かったわけですが。
    以上、ご参考にしていただければ幸いです^^

  5. yh より:

    収納マン様
    レスポンスの早いお返事ありがとうございます。
    デスクライトの位置なんてノーマクでしたので、大変参考になりました。
    ・・・結果、組み合わせはバックパネルに。
    ただ、杉工場のクォーレライト付が破格であり、浜本さん1台で2台変えてしまう。。というジレンマに。。夢にまでみる始末です。
    杉工場さんは、天板がやわらかいのはわかるのですが、デスクマット引けばいっかな?とか、考えてしまいます。デスクの引き出しは軽かったのですが、収納マンさんが記述されてる通り、摩擦が気になるのでしょうか?
    良いものを見たら引き返すのは難しいですが、価格がーーーーーーッ。。。
    明日まで浜本さんのお返事を待っていただいているので、明日まで悩みます。。
    収納マンさん、、決定打を下さい。恨みませんからぁーーー。

  6. 収納マン より:

    yhさま
    結果、バックパネルになりましたか!w(‘o’)w
    それはさておき、値段の件。
    私も天板が軟らかい木質でもデスクマットを敷けば問題ないと考える派です。それはこのブログのどこかにも書いた通りですし、だから硬いほうがベターではあるけれどもそこはあんまり大きな問題ではなく、引出こそが一番重要だと言っているのはそういうことですね。
    ただ、見た目には影響してきます。好みはあれどアルダーとナラでは木目の美しさはもちろんですけど、何年か使ってからが全然違ってきます。
    学習机で一番キズが付きやすいのってどこだか分かりますか?天板の手前の縁の部分です。ここ、いくらキズがついても使用上は何も問題ありません。ただし見た目には一番目立ちます。
    杉工場のアルダー無垢の場合は材質だけでなく塗装が自然塗装なので汚れも付きやすく、年々目立ってくると思います。
    値段は正直です。良いものは高いし、高いものは良いです。
    もしご予算的に難しいようであれば無理はしないほうが良いと思います。キリがないですから。
    逆に予算的に厳しくても無理でない範囲でしたら、一度きりの贈り物ですから、よりベターだと思うほうを選択してもらえたらと思います。
    ちなみに私はかなり無理をして買いましたが(苦笑)、まあ私の場合は子供が生まれる前、結婚する前から「学習机は浜本工芸で!(椅子はバランスチェアで!)」と決めてましたから^^;

  7. 収納マン より:

    yhさま
    追記です。
    棚はNo.05デスクにはバックパネルが一番良いと思います。
    見た目の面でも使い勝手の面でも、やはりこの机には一番ピッタリだと思います。
    ただオプションのコンセントは高すぎますよね!位置もちょっとどうかなと思います。
    私なら市販の節電タップを机近くの壁に固定するかな、と思います。

  8. yh より:

    浜本工芸に決めました!
    当面はリビングに置くので、視界に入ってもこちらも幸せになれるデスクをと思いました。最後にショールームへ行き、トレフや堀田さんとも比べてみましたが、風合いや、引き出し感等、後悔なく、納得できました。ありがとうございました。またさんざんロータイプかミドルかとお騒がせしましたが、収納マンさんのリコメ通り、バックパネルが一番あっていると思いバックパネルにしました。
    移動袖もまた悩み、Bに、イスもまたまた悩み274Wにしました。この約1ヶ月間、学習机選定に注いだ情熱をどこに持って行こうかしら。。(収納マンさんに比べると微々たる情熱ですが・・)
    購入を機に学習机界とオサラバするなんてなんだかもったいないですね。。
    また覗きにきて参考にさせていただきます。
    色々相談に乗っていただきありがとうございました。

  9. 収納マン より:

    yhさま
    決まりましたか!良かったですね~^^
    確かに何かを買う時に必死で検討してちょっとしたそのモノのプロになると、その知識ってもったいないかなと思いますよね^^;
    でもまあ、またお近くで学習机を買う方がいらっしゃったら、先輩ママとしてアドバイスしてあげたら良いんじゃないでしょうか?
    何はともあれ、お疲れ様でした。
    実物が届いてお子様たちが喜ぶ姿を見るのが待ち遠しいですね!

  10. Fumie より:

    はじめまして。
    今度小学3年生になる長女の机でご相談させてください。
    長女のお気に入りは本体引き出しが3個あるという理由で53なのですが、重厚すぎて今どきちょっと流行らないと懸念しています。
    私はせめて奥行きが65cmの05、3才下の長男と将来机を並べる場合を考えると、奥行きが狭い82か44が良いかなと悩んでおります。
    収納マンさまは、浜本の2013年モデルの中ではどれが一番お好きですか? 82と44であれば、どちらがおすすめでしょうか。
    ぜひご意見をお聞かせください。

  11. 収納マン より:

    Fumieさま
    はじめまして^^
    確かに、No.53は今どきって感じはしますね~^^;
    本体引出は入れるモノによっては使い勝手は良いとは思いますが、これも微妙なところですね。
    今年の浜本工芸のラインナップから選ぶとしたら、私はNo.05が一番好きかな、と思います。
    理由は脚形状が良いこと。子供が椅子を動かさずに横からでも座りやすいことですね。
    あとはデザインが良いことと足元棚が付いていること。まあこの2点はオマケですが。
    No.82とNo.44の比較は難しいですよね~。これは商品そのものの良し悪しじゃなくて条件に合わせて選ぶための選択肢を用意しているんだと思います。
    浜本工芸が気に入って、でも予算が厳しい方にはNo.44がオススメだと思うんですね。簡易ながら一応上棚付きですから。
    No.82は上棚は普通に付いていたほうが良いと考える人向け。あとは中高生くらいのお子さんのために買うケースが多いんじゃないかなと思います。唯一の120cm幅モデルですからね。田舎のほうでは割りと売れるんじゃないでしょうか。
    基本のデザインが同じ2タイプですから、そういった条件に合わせて選んでもらったら良いんじゃないかなと思います。

  12. Fumie より:

    収納マンさま
    こんにちは。さっそくのお返事、ありがとうございました。
    昨日の夕方、再度実物を見てNO.05に決まりました!
    IDC大塚家具(有明)には浜本の机は全種類展示されていたのですが、
    昨日行った島忠の店舗には売れ筋しか展示がなく、長女も05を気に入ってくれてよかったです。
    ただ、バックパネルは付けないつもりが、絶対いる!と押し切られてしまいましたが^^;
    ナチュラルカラーの05(110cm幅)、05移動袖C、バックパネルの組み合わせです。
    島忠では1月末まで通常値引き価格から5%オフで、浜本の机は2月上旬が最終受付でしたので、机一式だけ先に注文しました。
    椅子とライトはこれから決めるので、またブログの記事を参考にさせていただきます。
    椅子はバランスチェアを娘が気に入って、島忠で扱っている国新産業とホーグ社の違いをこれから調べるところです。
    また何かありましたらご相談・ご報告させてください。

  13. 収納マン より:

    Fumieさま
    お~っ!No.05デスクで決まったのですね~♪
    バックパネルは付いていたほうが私も良いと思います。デザイン的にも使い勝手の面でも。
    あとは椅子とデスクライトですか。
    バランスチェアで国新産業かホーグ社かというのは、フィントスツールかバランススタディかということでしょうか?
    私も詳しくはないのですが、HAG社のバランススタディもフィントスツールも国新産業が扱っているようですね。バランススタディはHAG社が製造して日本では国新産業が販売、フィントスツールは国新産業がbalance(R)のライセンスを受けて製造販売しているようです。
    フィントスツールは跨がなくて座れるのが良いですね。一応、ひざ置きの高さが調節できるようですが、小学校3年生だと伸張によっては微妙なところかなという感じですね。
    ちなみにウチの娘は新入学時はバランススタディ・ジュニアを使ってましたが、身長が130cmになったので未就学児の息子の机にセットしていた大人用のバランススタディと交換しました。

  14. かな より:

    こんばんわ
    4月に入学する娘の為に学習机の購入検討中です。
    先週から見始め何件も家具屋をまわりネットでも色々調べてるうちにこちらにたどりつきました。
    何件かみて浜本工芸で決めようと思っているのですがまよっています。
    収納がほしいのでno82で決めようとおもっていたのですがかくばった感じがどうも気になりno5に書棚をつけようかと思っています。
    こういうかたは見られませんがどう思いになられますか?
    あと少し気になってるのですが、全く出てこない女の子向けのno33はどう思われますか?
    こちらにしても、机のみで、no5の移動棚袖Aと書棚で考えています。
    何かご意見ありましたらよろしくお願いいたします。

  15. 収納マン より:

    かなさま
    はじめまして~~
    No.05デスクに書棚というのは、書棚Bをセットするということでしょうか?
    もちろんダメということはないんですが、書棚BはNo.82デスクの脚形状だからこそ足元内側からでも反対側からでも下のほうのモノが出し入れできるように設計されていますので、No.05デスクだとちょっともったいないかなと思いますね。
    また書棚Bはもともと上置きとして使っていたものをデスク上から撤去して書棚として使えるという構造ですから、上置きを置かない前提ではそのメリットは関係ないですよね。
    さらに書棚Bはそういう設計ですから棚板の可動範囲が中途半端ですし、そもそも全体の高さが低いのでスペースがもったいないように思います。
    動線的には、デスクの反対側からも本を出し入れすることのできるスペースの余裕があるならば、No.8504書棚A[60]の高さ180cmタイプを壁付けで置いたほうがモノの出し入れが容易で、配置によっては圧迫感も軽減されます。
    もっとも、書棚Bのほうがデザインがスッキリして見えますし、デスクサイドに置けば座った状態で教科書等が手に取りやすいというメリットもありますが。
    お次、No.33デスクですが、好ましくない点が2つあります。1つは脚形状。座ってから椅子を手前に引けない新入学児にとっては横から座り下りしにくいのが難点です。
    もう1点は、4本脚はどうしてもグラつきが出やすいということです。
    ちなみにNo.33デスクにNo.05移動袖Aという組み合わせはあまりオススメできないですね。というのも、No.33移動袖Cは奥行504mmなのに対しNo.05移動袖Aは奥行600mmなので、100mm近くもデスク本体からはみ出すので不細工だからです。
    No.33デスクには奥行600mmのNo.85移動袖A・Bも組み合わせ可能であるようにカタログでは書いていますが、これはちょっとおかしいですよね。

  16. かな より:

    収納マン様
    お返事ありがとうございます。
    とても納得させられました。
    結局子供があの書棚の置き方が気に入った事と下の子もいて将来的に机を並べてる事を考えてno5はやめ、no82に書棚Bの組み合わせに決めました。
    アドバイスとても参考になりました。
    ありがとうございました。また下の子の時も参考にさせていただきます。

  17. 収納マン より:

    かなさま
    へぇ~、お嬢さんがNo.82デスクに書棚Bの組み合わせを気に入られたんですか。
    確かに女の子にはちょっと可愛げのないデスクですが、まあスッキリしたシンプルなデザインなので大きくなってからも長く使ってくれることでしょう。
    並べて使うのであれば、下のお子様の時にもNo.82デスクがあれば良いですね。また違うデザインのものを選ぶのも楽しみですが。
    以上、お役に立てて幸いです^^

  18. ゆみ より:

    収納マンさま
    昨日、学習机が届きました。
    最初は堀田木工所でと考えていたのですが、このサイトを拝見させて頂き、主人との意見も合わせ、浜本工芸No82デスクに決まりました。
    心配していた脚の形状ですが、子どもが大きめなこと、(リボ社のバランスチェアを使っているのですが)後ろから座っていること、子どもが小さいうちは私と一緒に勉強すること…でなんとかクリア出来そうです。何より息子が気に入ってくれたのが一番です。
    実家の家具が、浜本工芸の物なので良い品と言うことは分かっていました。しかし、単に国産でナラ材だから高いのだというイメージでした。具体的に家具を購入する時は、どのような点を見ると良いのかプロの視点で教えて頂けたことがとても勉強になりました。もっと前に知っていれば、婚礼時の家具の購入も変わっていたと思います(笑)
    ともあれ、親子で満足するものを購入でき、良かったです。ありがとうございました。
    長文で申し訳ございません。

  19. 収納マン より:

    ゆみさま
    はじめまして^^
    浜本工芸のNo.82デスクにリボ社のバランスチェア・・・いい組み合わせですね~♪
    ウチも浜本工芸のデスクを2台、すき間なく並べて(つまり脚形状など関係ない状態で)バランスチェアに座ってるので、やはり後ろから跨ぐような感じで座ってます^^;
    幅にもよるでしょうがバランスチェアなら脚形状を気にする必要はないのかもしれませんね~。
    何はともあれ、息子さんが気に入ってくれて、お役に立てて良かったです^^
    婚礼家具についてもちょっと良いヒントをいただけた気持ちです。
    道具として語るものというよりは見栄のものなので語るのが難しい部分もあるんですが、そういうところも踏まえて今後、そういった情報を必要とする方のお役に立てるようなお話をブログ上でさせていただければと思います。
    ありがとうございました^^

  20. ゆみ より:

    収納マンさま
    お返事ありがとうございます。
    うちはリビングに学習机を置くスペースがなく、ひとりっ子と言うこともあり、6畳の子ども部屋を1人で使用なので110センチ幅の机にしました。主人が背が高いのできっと身体が大きくなるだろうと想定してのことでもあります。移動袖は机の横に置いて、食卓で使っていたストッケの椅子をバランスチェアの横に置き、さながら鬼監督状態です(笑)
    婚礼時の家具については少し大げさに書いてしまいました。うちは結婚の際、ワードローブ、整理ダンス、ドレッサー等を揃えました。
    母が和ダンス、洋服ダンス、整理ダンス、鏡台、食卓セット…とごっつい婚礼家具を揃えた世代で、狭い社宅に見合わない豪華な家具に押しつぶされそうになりながら、生活していたそうです(笑)
    そんな母の「どうせ引っ越しもするのだから」と言う意見(主人の家は私達に任せてくれた)もあり、高価でもなく、安っぽくもなく、ほどほどの家具にしました。
    結婚して7年になりますが、1度の引っ越しを経て、ワードローブと整理タンスはウォークインクローゼットに収まりました。壊れることもなく、綺麗なままで不満はないのですが、引き出しにレールがあるんですよね。だからと言って後悔をしているわけではないのです。ただ、家具を見る知識がなかったなと言う想いです。
    洋服ダンス、和ダンス、整理ダンスと昔のように揃える人は減っていると思います。土地柄もあるし、考え方も様々ですね。
    私のように知識なく揃えてしまう人は少なくないと思うのです。知っておいて損はしない知識ですので(実際、私もとても参考にさせて頂きました)是非、記事にして頂けるとうれしいです。
    まとめるのが下手で…またまた長文ですみません。

  21. ゆみ より:

    長々と机に関係のない事を書いてしまい、申し訳ありませんでした。

  22. 収納マン より:

    ゆみさま
    いえいえ・・・関係ないことないですよ、とてもありがたいことです^^
    ゆみさんの選択は良かったですね。おっしゃる通り、親御さんの一存で一通りの婚礼家具を購入して家の中が狭くなったり、家具レイアウトに困ってらっしゃる方は多いと思います。
    また一方で、そういう親御さんの家具に対する思いというのもまた素晴らしい。そんな方ばかりだったら、悪貨が良貨を駆逐するような今の家具業界の様相にはなっていなかったと思います。
    私としては、学習机でも良いものと値段相当のものを知ったうえで購入していただければという思いで記事を書いています。私が提供する情報を見てどういう選択をするかはその人次第。何を買うかよりも、色々見て考えて買うかどうかのほうがずっと大事で、それが学習机を贈る気持ちだと思うのです。
    当ブログ中には他にも食器棚の選び方などの記事がありますが、婚礼家具についても同じようにまたどなたかのお役に立てるような記事が書ければなあと思っております。
    そのヒントをくださったゆみさんには本当に感謝です^^
    ありがとうございます♪

  23. 2児の悩めるママ より:

    収納マン様
    はじめまして。ブログを拝見し、是非ご意見をお伺いしたくコメントいれさせていただきます。
    今まで読む専門でコメントなどを投稿した経験もなく、失礼があったら申し訳ございません。
    今春、娘が小学校に入学致します。
    マンション住まいでけして広くはないので、しばらくは学習机の購入はないと思っておりました。
    ところが、娘がダイニングテーブルで勉強やお絵かきをしていると、2歳の子がすぐ邪魔に入り思う様に出来ません。
    そういった流れで学習場所を確保すべく探し始めました。
    1.リビングにおける(圧迫感がない)
    2.ダイニングテーブルで姿勢が悪いのが気になっていたので、地面に足がつく昇降タイプの椅子と机
    3.いずれ子供部屋へ移動して使うので長く使えるもの
    以上を念頭にパソコン、カタログを頼りにピエルナコンパクトがお値段的にも天版の奥行きを変更出来る使い勝手も良いと思い家具屋へ行ったのですが・・・。
    実物を見て材質など思っていたよりチープに感じ、候補から外れました。
    現物をみて一目ぼれしたのが浜本工業のNO14と、NO14のデスクチェアなのですが、収納マン様があまりおすすめしていない事を知り、理由も収納力に欠けるからとわかっているのですが、こういった我が家の事情があったとしても、やはりNO06のような大容量タイプがよろしいでしょうか?
    娘は既に120cmを超えていて、中学年、高額年のころには昇降タイプはあまり必要ではなくなる気はしています。今だけを見ればNO14は、高さもないので比較的圧迫感もなく、娘も姿勢良く机に向かっていたので、とても魅力なのですが・・・
    説明がうまく出来ずに申し訳ございません。
    何かアドバイスがあればどうがお教え下さい(泣)