約8割の女性が処分したいと回答―夫の持ち物に関する意識調査

こんな記事がありました。
「約8割の女性が処分したいと回答―夫の持ち物に関する意識調査」
(マイナビニュース)

確かに、お客様からのご相談でも、「旦那のモノが・・・」という内容は多いです。
しかし実際のところ、そうおっしゃるお客様の場合は、
まず間違いなくご本人(奥様)のモノのほうが多い!
先日も、あるお客様のところで、
「主人がダイニングテーブルの上に新聞を重ねるのよ。
 新聞が置いてあるとホコリが立つから、
 読んだら玄関近くに持っていくように言っているのに・・・。」
とおっしゃるのですが、
当の奥様はと言うと、
同じくダイニングテーブルの上に、
ダイレクトメールや、サークルのお知らせ、レシート等々、
ご主人とダイニングテーブルをちょうど半分に分ける形で、
同じように紙類を並べているのです。
同じように、
「主人はベッドの上に服を置くのよ。」とおっしゃるのですが、
奥様はハンガーラックや椅子に服を掛けっぱなし。
ご主人は洋服を畳んでベッドに置いている一方で、
奥様はバサーッと放り投げているだけなのですが・・・。
また、ご夫婦の共通の趣味は園芸なのですが、
奥様は大きめのエレガントなものが好みで、
ご主人は素朴で可憐な山野草が好み。
庭を占領しているスペースは同じくらいなのですが、
奥様は「主人ばっかり、こんなつまらない山野草に場所を取って・・・。」
とおっしゃるわけです。
さらにさらに・・・
奥様は「主人は何もやってくれないのよ!」と嘆いて、
こんな話もしてくれました。
「壁掛け時計を買ってきて、主人につけてちょうだいって言ったの。
 そしたら、怒るのよ!
 ”なんでリビングダイニングに4つも時計がいるんだ!
  だいたい、お前はずっと家にいて、時間なんて関係ないだろ!”って。」
そんな奥様は専業主婦。
ご主人は朝から晩まで働き、
帰りにスーパーに寄って食材を購入し、
ご主人が夕食を作ることのほうが多いそうです。
またちなみに、リビングダイニングの壁掛け時計ですが、
ご主人は黙って3個目までは取り付けてくれたそうです・・・。
これって皆さん、どう思います?
ひどい奥様だなぁって思いますか?
確かに、そうかもしれません。
少なくとも、「今」の状況を見る限りは。
しかし男性と女性ですから、色々あるんですね、やっぱり。
行き違いというか、誤解というか。
だからどっちが良いとか、悪いとか、そういう話じゃないんです。
一言で言えば、「気持ちの問題」。
そしてそのお互いの気持ちが表れているのが
今の家の中の状態なのです。
「主人のモノが・・・」気になる。
怒りながらも、気になるし、何か期待しているのです。
女性の気持ちは正直、私には十分分からないところが多いのですが(苦笑)、
男性の気持ちとしては、
できるだけキッチリしようと努力しているつもりなんです。
かなり中途半端なところもありますが(苦笑)
「過去に何があったって?だから今、改心して努力してるじゃないか。」
男性は、今とこれからの姿勢を見せようとします。
けれども変えられない「過去」がどうしても許してもらえないようで・・・。
しかも、その過去がどうも実際にあったことよりも
かなりオーバーに変質してしまっているいるようで・・・。
だから男性は、じっと我慢します。
だから言いたいことをグッとこらえて3個目までは時計を取り付ける。
けれども4個目の話が出ると、爆発してしまうんです。
このへんがどうも、女性には理解してもらえないみたい。
「また急に怒り出す・・・だからもう何も言えない・・・。」みたいな・・・。
冒頭の記事の引用は、多くの女性が共感するところだと思います。
反対に、世の男性たちは色々と言いたいところもあるわけです。
つまり、結局のところ、どちらが正しいとか、悪いとか、
そういう話ではないと思うのです。
もちろん、どっちがだらしないとか、そういう話でもない。
真相は、もっと深いところにあるんです。
女性にとっても、男性にとっても、
「え?そんなことで?」というような、何かが・・・。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク