私はPC接続ラベルプリンターでラベリングしてますが・・・

先日、ラベリングに便利なマスキングテープの話をしましたが、
ファイルの背表紙や備品にラベリングするのに
私はPC接続のラベルプリンターを使ってます。

これ、私が使っているものとまったく同じです。
どうも発売当時に買ったものが
いまだに現役で販売されているようで、
ちょっと驚きましたが・・・
会社に勤めていた頃にもラベルプリンターはよく使ってましたが、
その時の不満は、大の男が小さなボタンをチマチマ押す低い操作性と、
なによりフォントの種類が選べない上に、
文字サイズの自由度が低いことでした。
「これなら不満が解消できそう!」ということで購入しましたが、
もちろん今も現役で使わせてもらってます。
このラベルプリンターのメリット


  • パソコンに入っているフォントがすべて使える

  • 文字のサイズが上下左右、自由に拡大縮小できる

  • もちろん縦書き・横書きも自由、自由回転もOK

  • 文字の装飾が可能

  • 画像やバーコードも出力可能

  • パソコンのキーボードで操作できる

  • 18mmまでの普通のネームランドのラベルが使える

  • もちろん弱粘着タイプや強粘着タイプもOK

  • コンパクトで場所を取らない

このラベルプリンターのデメリット

  • ラベルの両端の余白が無駄に多く、不経済

  • 本体のデザインが微妙

  • 印字速度がやや遅い

  • 持ち運びはできない

アマゾンでのレビューを見ると、やはり、
ラベルの両端の無駄が気になる方が多く、
その点で評価を大きく落としてしまっている感じがしますが、
個人的にはこれで結構満足しています
ちなみに・・・私は購入してから8年以上経ちますので、
他メーカーからも良さそうなのが出てきてますね。

こちらはテプラで、値段は私の持っているものの倍以上ですが、
デザインは良い感じですね~
しかも印字が高精細、オートカッター機能付き、
最大24mm幅のテープまで使用可能、
CSVやエクセルのデータからの作成も可能、
表組みも可能と、高機能そうです。
一方、文字サイズの自由度はそれほど高くないようで・・・
その点は私にとってはかなり重要なので、
もし今使っているのが壊れても、
結局同じものを買うことになるのかなぁ・・・という感じです
普段、パソコンを立ち上げる機会の少ない方には不向きですが、
パソコンをよく使う人にはPC接続のラベルプリンターはオススメですよ
キレイにラベルが作れると、片づけるモチベーションが上がりますし、
こういう風にキッチリしたことをしていると、モノを大切に使えますもんね

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク