『捨てずに片づく9ステップ』を読んで、妻が片付けだした! (」°ロ°)」

『捨てずに片づく9ステップ』 の見本誌が手元に届いてすぐ、
日頃一番お世話になっている妻に1冊プレゼントしました。
「たぶん、読まないだろうな~。」と思いながらも、
とりあえず形だけでもと思って・・・。
それから約1週間後・・・
基本的にウチは毎週土曜日の午前中は家の掃除という
暗黙のルールがあるんですが、
掃除が終わってから、妻がキッチンを片付け始めました。
「いったい、どういう風の吹きまわしだろう・・・?」と思いながらも
そのときは何も聞けず、今日になってちょっと聞いてみました。
収納マン 「なんで片付けようと思ったの?」
 妻    「いや、なんとなく・・・。」
収納マン 「ひょっとして、こないだの本、読んだ?」
 妻    「うん、電車でちょっとずつ・・・。
         で、読んでたら、古い密閉容器捨てようかなと思ったり、
         使ってない調理器具を別の場所に片付けようかなと思って。
         それと紅茶類を別の場所にしたほうが
         使い勝手が良いような気がして・・・。」
なんということでしょう!?

実は出版社のほうでリライトされた原稿からは削除されたところなんですが、
何を隠そう、収納マンの妻は片付けがちょっと・・・なほうで、
結婚してから5年ほどは夫婦喧嘩をすると言えば100%片付けのことで、
妻は隙間があったら何か詰め込んでしまう性質(?)で、
「お願いだから、恥ずかしいから片付けて欲しい。」、
「俺が片付けるから、やらせて欲しい。」などと言っても、
妻は「私の家だから、私の好きなようにさせてよ。」と言い、
仕方なく収納マンのほうが家を出ようとしたほど、
頑なに片付けることを拒んできた人です。
そんなわけでここ3年ほどは完全にあきらめてました・・・。
それが、まさか、『捨てずに片づく9ステップ』を読んで
妻が自ら進んで片付け始めるとは・・・!?
これには本当に驚きました
一応、前作『夢をかなえる幸せの収納力』 も妻に渡したんですよ。
でも、そのときは何も起りませんでした。
ちなみに、妻は「収納なび」で言うところのクジラ。
どうぶつうらないで言うとライオンで、人の言うことを聞かない頑固者。
収納マンが収納のプロと言えど、
ちょっとやそっとで耳を貸す性格ではありません
(ちなみに収納マンは人の話を聞いていないラッコですが
一応、誤解のないように言っておくと、妻は片付けないんじゃなくて、
完ぺきというか、これで十分だと思ってるんですよ。
クジラがみなそういう性格というわけではありませんが、
妻の場合は片付けの点でもっとも性格が表れているわけです。
妻が『捨てずに片づく9ステップ』のどこに反応したのかは定かではありませんが、
収納マンにとっては、今回は棚から牡丹餅というか、
収納マンも本を出せば妻が片付ける(犬も歩けば棒に当たる)というか、
本当に予想外でしたが、非常にうれしい出来事でした
皆さんのお宅でも同じようなことが起こることを願って、
『捨てずに片づく9ステップ』を改めてオススメします

追伸:
既にお読みいただいた方はamazonなどに
レビューを書いていただけると大変ありがたいです

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク