段ボールで出来た家具が注目を集めているそうで・・・。

ネットのニュースで、「段ボール家具 じわり人気」という記事を見ました。
要約すると・・・段ボール製と言っても子供の工作ではなく、
ちゃんと普通に家具として使えるもので、
テーブル、椅子、学習机、書棚、ベッドまで、何でもあるそう。
今回の震災による被災地でも活躍しているそうで、
そのほかの地域でも高齢者が自分のいなくなったあとで
家財の処分で周りに迷惑を掛けたくないという思いから
段ボール家具一式を揃える人もいるそうで・・・。
販売業者いわく、「安価なうえに、軽くて、丈夫。しかも処分しやすい」。
なるほど。
収納マンも収納家具を企画したりするのですが、
女性でも扱いやすい素材としてファルカタ(洋桐)や
ハニカムコアなどは検討するものの、
段ボールというのは盲点でした。
そんなわけで実際の商品をいくつか紹介してみると・・・
 
 
「へ~、こんなものまで!」
「全然、段ボールには見えない!」
というものから、
「いかにも」って感じのものまで様々ですが、
やっぱり個人的にはかなり割高に感じました
被災地など特殊な状況にある場合は別として、
それなりの家具を長く使うようにしたほうが
よっぽどエコじゃないかなぁと思うのです。
もっとも、使い捨てのほうが経済は循環するんで、
その点では結構なことなのかもしれませんが・・・。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク