『子育てママの私が片づけに夢中になった理由(仮)』発売中

2012学習机 リビングに置いても違和感のないデスク

最近は「リビングに学習机を置いたほうが子供の頭が良くなる」と言って
リビングに学習机を置く家が増えていますが、
個人的にはそうは思わないものの、
子供が疑問に感じたことがあればすぐに親に聞けるように、
また子供が質問の度に子供部屋から出てきたり、
逆にこちらが子供の様子をうかがいに行く手間がないように、
収納マン宅でもリビングダイニングに学習机を置いています。
おかげで、小学校1年生の長女は安心して勉強ができるというか、
家にいる時はほとんどずっと机に向かって、
宿題をしたり、公文式や通信教育をしたり、本を読んでいます。
オモチャというかシール帳等も机に置いているので、
もちろん遊びも学習机でします。
そんな風に基本的にメリットの多い「リビングに学習机を置く」ことですが、
もちろんデメリットがないわけではありません。
おそらく将来的に勉強はあまりしない長男(3歳)が
長女の机の横に並べられた自分の机の上に乗ったり、
横から茶々を入れたり・・・。
長女が遊びながら勉強するのは良いのですが、
集中したい時に集中できないということが時々あります。
とは言え、今はまだまだ本気で勉強する時期ではないので、
中学受験の頃にでも子供部屋を独立させれば十分ですし、
今のところは大きな問題ではないと思っていますが。
あとひとつ、問題があるとすれば、見た目の問題でしょうか?
ウチの場合は見た目よりも学習環境としての機能性を優先しましたので、
上棚(ロータイプ)もあるし、デザインもそれほど良くないし、
しかもそれが長女と長男と2台並んでいるのですが、
見た目にこだわりたい方にちょっとアドバイスしたいと思います
幸い、ウチの場合はダイニングテーブルを置いていませんし、
リビングは隣の部屋なんで問題ないんですが、
1つの部屋にテーブルがいくつかあるというのは
見た目に大きな違和感を与えます。
特に、学習机は高さが70cmで、これはダイニングテーブルと同じで、
さらに学習机の大きさは一般的には幅100cm程度、奥行60~70cm程度。
これはコンパクトなダイニングテーブルとそれほど変わらない大きさです。
ですから、学習机とダイニングテーブルという、
同じくらいの机が2台も同じ部屋にあると、
はやり違和感が生じてしまいますし、
しかも結構大きなものなので圧迫感も強くなります。
一方、別の視点で・・・ダイニングテーブルとリビングテーブルが
なぜ同じ部屋にあってもあまり違和感を感じないかと言うと、
一般的にリビングテーブルのほうが面積が小さいだけでなく、
高さがダイニングテーブルの半分程度と低いからです。
面積が小さく、高さが低いと、圧迫感が少なくなりますし、
同じ机同士でも、視覚的には別のモノと捉えられ、
同じ部屋に両者があっても違和感を感じにくいのです。
つまり、学習机をリビングダイニングに置いても
違和感がないようにしようと思えば、
「ダイニングテーブルやリビングテーブルとは違うもの」
という認識を視覚に与えられるデザインが良いんですね。
もっと言えば、「学習机らしくないもの」が
インテリア的には良いと言えるでしょう。
そういう条件に見合う学習机を選ぶとなると、
基本的に2つの選択肢が考えられると思います。
カウンターデスク(ホテルデスク)タイプと、
天板昇降式デスクですね。
 
カウンターデスク(ホテルデスク)タイプの場合の特徴は
一般的に奥行が60cm程度と浅く、デザインがスマートです。
奥行はできるだけ浅いほうが見た目には良いですが、
あまり薄すぎると将来的に参考書などを広げにくく、
機能的でなくなる可能性があります。
また、上棚はナシか、あっても小さいものが良いでしょう。
幅は90~180cmまでありますが、
将来的に参考書など色々広げることを考えると
広いに越したことはありませんが、
子供部屋に置けない大きさにならないように注意が必要です。
天板昇降式デスクの場合は
新入学児に合わせて天板を低くセットすれば
圧迫感を大幅に軽減することができます。
ただし袖ワゴンの収納力は少なくなりますので、
将来的に袖ワゴンの不足分を
他のチェストなどを買い足すことで補うことを
あらかじめ考慮しておいたほうが良いかもしれません。

コメント

  1. ビネガー より:

    収納マンさんく
    息子(4月から小学生)の学習机を探していて、このページにたどり着きました。学習机カテゴリーの記事、一気に読ませていただきました。
    私の知りたかった事、モヤモヤしていたところ、いろんなことがわかりやすく書かれてあり、本当に役立ちました。
    娘(現中1)の時は、部屋の大きさに合う幅100cm奥行60cmの机がまだまだ少なく、それを条件にイトーキのカンピオーネシリーズのものを選びました。
    今年はインターネット中心に探していたのですが、幅100cm奥行60cmのものがグンと増え選ぶのに困っていて、ランキングなどから、オカムラのピエルナシリーズのものにしようかと思って店頭で見ると、
    いまひとつ質感などが気に入らなくて、迷っていたところでした。
    このブログを読んで、机選びはふりだしに戻ってしまったわけですが(笑)出会えて良かったです。
    娘の時も知っていれば(なかったか)と思います。
    ありがとうございました。

  2. 収納マン より:

    ビネガーさま
    はじめまして^^
    確かに・・・2005年頃はまだ奥行70cmの学習机が一般的でしたね。
    奥行60cmの、リビングに置く前提の学習机が普及し出したのは
    まだここ数年のことではないでしょうか?
    このブログで学習机のことを本気で書き始めたのは
    昨年度からですので、当時はお役に立てなかったと思いますが、
    今年度はお役に立てそうで何よりです^^
    来年度もビネガーさんのように一人でも多くの方に喜んでいただけるよう
    頑張って更新していきたいと思います。
    またご質問等ございましたらお気軽にコメントください。
    ありがとうございました^^