夏の暑さ対策に・・・

基本的に収納、インテリアが専門の収納マンですが、
お客様のところに伺うと洗濯の仕方から家の建て方まで聞かれますけど、
中でも多いのが、冬の結露対策と夏の暑さ対策のご相談。
結露については収納マンも一人暮らしをしていた頃に随分悩みまして、
結果、「結露とるとる」だったか、そういうネーミングの、
結露防止効果のある液を染み込ませたシートを
窓ガラスに塗り込むのが一番効果的だったのですが、
残念ながら今は売っていません・・・。
同様の商品は現在も市販されていますが、こちらはまったく効果が無く、
結露対策については現在、有効な対策が見つかってません
(ペアガラス&樹脂製サッシにリフォームするのが一番ですが・・・)
一方、暑さ(直射日光)対策については色々ありますが、
やっぱり「すだれ 」や「よしず 」が効果的ですね。
ちなみに収納マンの祖父は、生前、
製簾所(すだれメーカー)を経営してまして、
地元では一族の多くがスダレで生計を立てていたんですよ。
(で、その創業時の自宅兼工場が現在の収納マンのオフィスになってます)
まあそれは余談として、今でもスダレが効果的というのは、
やっぱり先人の知恵は素晴らしいなぁと思うわけですが、
もちろん収納マンも事務所の窓にスダレを取り付けてまして、
その効果の絶大なることを実感しています。
ただ、やっぱりスダレはちょっと野暮ったい。
そんなあなたにピッタリな商品がこちら↓

米国デュポン社のタイベックという素材を使用した現代版スダレ。
紫外線(UV)カット率94.8%、日射熱81%カットというスグレモノ。
ちなみにタイベックという素材は新素材ではなく、
建築用素材として実に25年以上の実績があり、
湿気は通すけれども防水、遮熱効果があり、
医療用滅菌包材、化学防護服など、幅広く使われている素材です。
これなら、見た目に悪くないですし、
室内に掛けるよりも室外に掛けるほうが効果的ということですが、
風雨にさらされても痛む心配が少ないので良いですね。
ちなみに、ナオミは「ゴーヤでグリーンカーテンを作る!」と言ってましたが、
それについてはまたナオミのブログで報告があると思います

コメント