財布の中身は収納を映し出す鏡!?

家電量販店やホームセンター、美容院、飲食店などなど・・・
最近はどこに行ってもポイントカードやクーポン券があります。
また、ガソリンスタンドやスーパーなどに行くと、
「特典いっぱいのクレジットカード作りませんか?」 と言われたり。
こんなの真に受けてたら財布の中身はパンパンって具合では済まなくて、
別にカード専用ファイルでも持たないと収まりきりません。
そんなわけで収納マンはよほど常連でない限り、
カードもクーポン券も断ったり捨てたりするようにしています。
と言いつつ先日は、キャンペーンで5000ポイントもらえて
買い物時のポイントも2倍(金曜日は3倍)になるということで、
楽天カード 作ってしましましたが・・・
クレジットカードの場合はETCやIC乗車券がぶら下がってるので
今までのを簡単に潰せないので厄介です
それはさておき、ポイントカードやクーポン券の持ち方で、
本当にモノとの付き合い方が分かるような気がします。
ポイントカードやクーポン券もその他のモノも、


  • 「使うかもしれない」

  • 「また行くかもしれない」

  • 「持っておいたほうが得かもしれない」

  • 「捨てたら損するかもしれない」

  • 「価値があるかもしれない」

  • 「(私は使わないけど)誰かが使うかもしれない」
と思ってしまうんですね。
でも、持てば持つほど管理が難しくなりますし、
たくさんあればその中から必要なものを出すのは難しくなり、
結局、あるのを忘れてしまっていたりします。
収納マンとしては、別にポイントカードなどを
たくさん持つことを否定しているわけではありません。
そうではなくて、大事なのは、
「自分の基準をしっかり持って、バランスを取って、納得する」
ということが大事だと思うのです。
片付けも一緒でしょ?
他人がどう思おうが、自分が使いやすかったり、
納得していれば良いわけで、
納得がいかないのであれば、
「かもしれない」で増えたモノをまず減らせば良いんです。
また、「財布の中身はスッキリしているけど、部屋は片付かない・・・」
という方もいらっしゃると思います。
そうであれば、財布の中身と家の中身、同じだと考えてみてください。
基本的にそういう方は、考え方はキッチリ出来ているんですよ。
でも財布の中身と違って家の中身は膨大だし、
普段持ち歩くものでもないんで、
結果から言えば、やらなかっただけなんですよ。
収納のチェックはまず財布の中身、カバンの中身から・・・
良いと思います

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク