『子育てママの私が片づけに夢中になった理由(仮)』発売中

ニトリの学習机

もう学習机買ってしまったので今更ニトリに学習机を見に行く
必要もないのですが、学習机関連の記事が大変好評なので、
ニトリの学習机について書いておこうと思います。
本日行って参りましたのは、ニトリ堺中央環状店。
ニトリで家具とホームファッションを扱う店舗の広さは
だいたいどこも同じくらいの広さですが、
まあ標準か、ちょっと大きいくらいのお店だと思います。
価格帯は29,900~49,900円 (学習机のみ)。
展示台数は30台ちょっとといったところ。
(システムベッド、チェストなどのセットは除く)
少々驚いたのは、10年ほど前のニトリなら、
もうちょっと展示台数があったはずだし(たぶん50台前後)、
メーカー品も並んでいたはずなのですが、
私が確認した限りではすべてニトリのオリジナル商品で、
しかもかなり低価格帯に集中している感じ。
(以前はメーカー品の10万円弱の学習机もありました)
おそらく、学習机を最初にニトリに見に行ってから他の家具屋さんに行くと、
「え~?なんか、高くない~!?」と思う人と、
「こっち(ニトリ以外の家具屋)のほうが何か色々あるわ~。」
と思う人がいると思います。
それだけニトリのほうが低価格帯だけに絞っているし、
見た目にパッとしない商品が多いという感じです。
他の家具屋さんで、3~5万円の価格帯なんて
ほとんど品揃えしませんからね。
ニトリの学習机の売場を一言で言うならば、「ワリキリ」。
ハッキリ言ってこの値段でこの仕様なら、アリはアリだと思います。
材質はチープ感がありますが、引出などは一応、
それなりの体裁は保っていますからね。
ただ、別にニトリが安いわけじゃなくて、
他の家具屋さんでも同価格帯の商品はだいたい同じような仕様です。
ニトリの他の家具と同じく、他の家具屋さんでは取り扱いの少ない、
低価格帯の商品が多い、というよりはその価格帯に絞っている、
というだけの話です。
(とは言え店の利益率を言えば、ニトリはその価格帯でも、
 十分に利益を出していると思いますが)
たぶんニトリはかなり選択と集中をしていて、
だからこそデフレの勝者となったと思いますし、
おそらくテレビCMこそしているものの
それほど学習机に力を入れていないか、
私が考える以上にアイテムを絞って価格訴求しているのかもしれませんが、
ちょっとボリューム感に欠ける、イマイチな売場に感じました。
ちなみに横にランドセルの売場がありましたが、
価格は9,900円か、19,900円
かなり挑戦的な価格ですが、やはり一般的な3万円~の価格帯のものとは、
素材感、質感などが全然違うように感じました。
でも学習机とセットで買うとさらに1,000~2,000円引きに
なるんですから、お得感はありますよね。
そうそう、ニトリにも「学びデスク」もどきがありました。

これで39,900円(デスクライト付き)。
ニトリにはクランプ式のLEDデスクライトこそありませんが、
まあやっぱり、ニトリは安いですね~

コメント