仮面ライダー○○○(オーズ)!

時間が経つのは早いもので・・・気が付けばクリスマス前。
2歳10か月の息子が最近、仮面ライダー○○○(オーズ)にハマり出し、
「クリスマスはサンタさんに何をお願いするの?」と聞くと、
「かめんらいだーおーずのベルト!」
・・・とのこと。

あわてて手配しようとするも、
仮面ライダーOOO (オーズ) 変身ベルト DXオーズドライバー
というこのオモチャ、品切れ続出で
プレミアがついて値段がスゴイことに・・・。
頑張って手に入れてもメダルも揃えないと
楽しみが半減ということなんですが、
メダルのほうも品切れ、プレミア価格で、
そこまでする気は失せて、別のものを探すことにしました。
とは言えどーにもこーにもオーズがいいみたいで、
お茶を濁すような感じですが、
オーズの塩ビ人形3体とオーズのピストルを買いました
(とは言えタトバコンボのソフビ ですら探しに走りました
まるでアメリカの映画に出てくる、ダメな父親のような、
クリスマス前のドタバタを演じてしまってますが、
まあそれはさておき、子供のオモチャって、本当に増えますね
クリスマス、お年玉、誕生日、その他・・・・イベント毎に増えます。
勉強道具や知育玩具、ゲーム機&ゲームソフト、絵本なども増えますし、
まあお金も大変ですが、モノが増えるのはもっと大変です。
例えばナオミの家では、子供には出来るだけ見せない、与えない、
ということを徹底してきたようですが、
ウチの場合はママが、見せる、自分もしたいから買うというところがあり、
もはや私が何と言おうと聞きません。
おまけに息子は「収納なび」でいうところの「デンキクラゲ」なので、
ひらめきや直感力、想像力に長ける一方で、
割りと集中力がなく、あきっぽい気分屋さんなので、
オモチャの守備範囲も広く、ついつい増える傾向にあります。
そんなわけで我が家のオモチャや育児用品もろもろの対処方法は、
もうね、買うときはパパッと買っちゃう、
そして手放すときはササッと人にあげちゃうことにしています。
ネットオークションなどで売ることが出来れば
金銭的には一番効率が良いんでしょうが、
どうしても時間も手間も掛かるし、
箱を取っておいたり、子供にオモチャをキズつけないように
気を付けさせなければならないので、
そういう煩わしいことに気を配ることは性に合わないからやめて、
手早く回転させていこうという寸法です。
もちろんそのためには「オモチャのスペースは一定量以下にする」
ということが絶対条件ですが、
人にあげるというのは本当に手間が掛からなくて、
しかも喜んでもらえるからコミュニケーションが円滑になります。
そして人にあげれない程度のものであれば
価値がないものと見なしてパッと捨てれますし。
こういう風にすると子供はモノを粗末にしかねないので、
そこはちゃんと扱うようにたしなめたり、
壊れたら必ず修理してあげるようにしています。
環境は人によって色々と違ってくると思いますが、
やはりオモチャ収納の最大公約数を言うならば、
オモチャの量は一定の量を決めて
それ以上にならないようにするということが
非常に大事だと言えるかと思います。
あとはその子供、その家によって回転率が変わってくるので、
そのへんは調整が必要だろうと思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク