究極に分かりやすい収納術

片付けのプロと言えど、わたくし収納マンも
元々片付けが得意だったわけではありません。
以前に、机の上がゴチャゴチャとしており、
掃除の際も非常に面倒臭く思っておりました。
なにしろ、細かいモノを一つ一つ除けないことには雑巾を掛けられないからです。
「どうにかして、このゴチャゴチャと細かいモノを
 何とかできないものか・・・?」
そこで、深さの浅い箱を用意して、そこに小物を入れるようにしました。
そうすると掃除は楽になりましたが、
しばらくすると箱の中がホコリまみれになりました。
これではホコリの溜まる場所がちょっと変わっただけです。
根本的には何も変わってません。
そこで、若かりし頃の収納マンは考えました。
「ホコリの掛からない、手近なところに小物を入れれば良いのかな?」
ふと目をやると、机の横には引出がありました。
引出の中を見ると、当然、そこは普段よく使うモノが入っているわけですが、
案外よく見ると、どうでも良いようなモノも結構ありました。
そこで引出の中の不用品を処分し、代わりに机の上の小物を放り込みました。
これでめでたく机の上は片付き、掃除もしやすくなり、
おまけに出し入れも不便ではない形になりました
・・・・お分かりいただけたでしょうか?
収納は、目先の小手先のテクニックで何とかするよりも
今あるモノを何とかすることで対処するほうが容易なのです。
「収納の基本は奥から」!

リビングが片付かなければTVボードやオープンラックの中身を見直す、
和室が片付かなければ押入の中を見直す、
キッチンが片付かなければシステムキッチンと食器棚を見直す・・・。
人間一人に管理できるモノの量なんてたかが知れているのですから、
身の丈に合った場所で収まらないはずはないのです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク