「忙しくて出来ない」

事務所、自宅の近くに、私の実家があるのですが、
たま~に実家の母&祖母のところに顔を出しに行くと、
私と母の会話はいつもこんな具合です。
「最近、仕事どうなん?忙しいの?」
「忙しいよ~。やることがいっぱいある。」
「あんたはお父さんと一緒で、
   次から次へと自分で仕事作るからな~。」
なんだかんだ言っても血は争えないなぁ~と思いますが(苦笑)、
確かに私は次から次へと自分で仕事を作り出し、
いつも忙しい気持ちになってしまっています。
「片付けないと」、「掃除しないと」、
「帳簿つけないと」、「伝票チェックしないと」、
「家族に奉仕しないと」、「友達に連絡しないと」、
「あれもこれもしないと・・・」と思いながら、
ついつい、楽しいこと、不安を感じていることを
先にやってしまう・・・。
私に限らず、多くの方がそうですよね?
(と、勝手に決め付けておりますが・・・
片付けで困っているという方も、多くの方が
「忙しいから出来ない」とおっしゃいます。
しかし、いつも申し上げておりますように、
「走るのに忙しくて車にガソリンを入れない」
ということがあり得ないのと同様に、
「忙しいから片付けられない」というのは
あり得そうであり得ないことなのです。
結局、片付けるのがイヤなだけ、
片付けの優先順位を低くしているだけ、なのです。
どんなに忙しくても、ひとつのことがずっと続いていて、
それで忙しくて仕方ないということはないと思います。
多くの場合、次から次へと問題が出てきて、
それの対応に必死になっていたり、
逆に私のように、自分であちこち手を広げていたり。
「忙しい」と言うことで、忙しさを引き寄せているのかもしれませんね
だから、忙しい時にこそ、立ち止まって、片付けて欲しいのです。
片付ければ、頭が整理され、気持ちが新たになります。
ズルズルと引き摺るよりは、一旦清算したほうが楽なのです。
「時間が出来たら片付けよう」と思ってしまう人は
「じゃあいつになったら忙しくなくなるの?」と
自分に問うてみてください。
根本的な問題があれば、問題は次から次へと出てきて、
いつまで経っても時間など生まれません。
また私のように、次から次へやることを増やしてしまっても
時間が生まれたらすぐにそこに別の何かが入り込むので
やっぱり時間は生まれません。
「忙しい」という言葉が口から出たら片付ける、
というルールを作ってみるのも良いかもしれませんね

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク