なんだ、そういうことか。

先日、工作をしていて、こんなことがありました。
ノコギリを使って、それを片付けようとしたら、ケースが見当たらない。
しばらく探し回りましたが見つからず、
とりあえず散らかった切りくずを掃除機で掃除しました。
で、再びケースを探してみると・・・・ありました!
工具箱の上にポンっと置いてありました。
まるで額にメガネを掛けて、
「メガネ、メガネ・・・・」と探していたような感じです(笑)
似たような話に、いくら考えても良い答えが見つからなかったのに、
朝起きたら、ふと妙案が思い付くというのがあります。
これは睡眠時に脳の中で情報が自動的に整理されているからですが、
渦中にあると必死に考えても出ない答えが
情報が整理されることで簡単に引き出せるようになるということです。
先入観や目の前の余計なものが目をくらましてしまっているわけですね。
片付けも何でも、問題が起きていて、
それを解決したいと願っているときは同じようなことがあります。
片付かない原因が分かって、その対策を考えているときは、
なかなか良い答えが見つからない時もあります。
しかし、そこをいったん離れてみると、
ふとした拍子に解決の糸口が見つかることがあるのです。
片付けは難しく考えれば考えるほどうまくいきません。
簡単に、シンプルに、出来ることをやっていけば良いのです。
幸い、収納は生産行為ではありません。
いま出来なくても大きな問題はないのです。
だから壁にぶつかったら無理にそれを越えようとせず、
いま解決できるところから解決すれば良いんです。
“Take it easy.”
“Just walking the park.”
そんな感じで良いんです、収納は。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. きよ より:

    気楽に収納を始めようと思います。
    まずは、子供の絵本置き場から・・。

  2. 収納マン より:

    きよさん
    コメントありがとうございます^^
    そうですね、そんな軽い気持ちで取り組んでいただけると、自分も家族もハッピーになると思います♪