木製2段ベッド【picue short】(ピクエ・ショート&ロータイプ)カラーメッシュマットレス2枚付き の商品レビュー

2014.07.02 Wednesday
この度、我が家にやってまいりました木製二段ベッド、
「【picue short】(ピクエ・ショート&ロータイプ)
 カラーメッシュマットレス2枚付き」
を購入した動機、
感想などをまとめたいと思います。



 

購入の動機・理由


様々なレイアウトを検討した結果、いっそ、ダブルベッドを処分して、
家族全員が布団を敷いて寝るようにしようかとも思いましたが、
子供たちが「二段ベッドで寝たい!」と言うので、
その夢を叶えてあげようと思ったのが最大の動機でしょうか。

毎日の布団の上げ下げから解放されたいという、
家事効率アップという観点
もありましたが、
いずれも結果的に良かったと思っています。
総じて満足しています。


また数ある二段ベッドの中でもこの商品をチョイスしたのは、
(1)サイズがコンパクトであること、
(2)材質がタモ材であること、の2点です。

二段ベッドは一般的に、長辺が200cm以上あります。
我が家に置けない大きさではないのですが、
やはり大きいとスペースにゆとりがなくなってしまいます。
一方で通常、二段ベッドの長辺が200cm以上もあるのは、
中高生になっても使える大きさを確保するためです。

※ちなみにこの商品は身長178cmの私でもギリギリ寝ることができます。
 耐荷重は上下段それぞれ150kgですので、
 体重64kgの私はもちろん問題ありません。

ウチの子供たちはクラスでも身長が高いほうですので、
将来的に私と同じくらいかそれ以上に成長する可能性があります。
が、そうなったらそうなったで、二段ベッドを処分して、
大人用のシングルベッドに買い替えれば良いと思っています。

二段ベッドは一般的に上下を分割してシングルベッドとして
使えるように設計されていることが多いですが、
ハッキリ言ってヘッドボードとフットボードが邪魔です。
また、ベッドというものはフレームなんて何でも良いもので、
一番肝心なのはマットレスです。
ですから身長が伸びたら、大人用の品質の良いマットレスの
シングルベッドを買ってあげようと思っています。
二段ベッドはそれまでの通過点・・・という位置付けです。

最初から子供たちそれぞれに子供部屋を与えるのであれば、
はじめから品質の良いシングルベッドを買い与えれば良いのですが、
我が家では現状、ダイニングに学習机を置くほうがメリットが高いため、
今のところはそれぞれに子供部屋を用意しておらず、
そのために寝室に二段ベッドを置くという選択肢を選んだ、というわけです。


この商品を選んだもう一つの理由、「材質」についてですが、
最近ではパイン材やヒノキなどの針葉樹のものが割りと多いですね。
それらは木の風合いを感じられるという点ではメリットがありますが、
いかんせん針葉樹は軟らかい部類の木です。
ですからギシギシときしむ可能性があり、またキズも付きやすいため、
私は基本的にパイン材やヒノキなどの針葉樹の家具は好みません。

一方でタモ材は、ナラ材と並んで硬い部類の家具に適した広葉樹です。
また木目が実直で一般的に美しいと評価されています。
我が家では他にもタモ材の家具がいくつかありますし、
それらはすべてナチュラル系のカラーであるため、
今回もそれを選択したというわけですね。


ちなみに、私が家具量販店に出入りしていた十数年前は、
二段ベッドはSGマーク(※)付きのものを選べば間違いないと言われていました。
しかし最近ではどういうわけかSGマークを申請する家具メーカーが減り、
ごく僅かとなってしまいました。
 
※SGマークとは
”「消費生活用製品安全法」に基づき通商産業省の特別認可法人として
 設立された製品安全協会が、安全を保証するマークとして産み出したもの。”
詳細は一般財団法人製品安全協会のホームページ参照。

私としてはSGマーク付きの二段ベッドが欲しかったのですが、
残念ながら私のニーズに合った商品がなく、
今回はSGマーク付きの二段ベッド以外から選ぶことになりました。

以前からそういう傾向はありますが、
やはり中国・東南アジアなどからの輸入品が増えていることと、
そもそも低価格品のニーズが高まっていることから、
SGマーク付きのものは国産メーカーの高級品に限られるのでしょう。

 

【picue short】(ピクエ・ショート&ロータイプ)を使用した感想


フレームに関しては満足しています。
ただ、買ったお店は失敗でした。
また、マットレスも失敗でした。


まず、フレームに関して。
メーカーはグランツという会社ですが、私の聞いたことがない会社でした。
それもそのはず、もともと柳澤という名前の会社が、
2005年に社名変更したそうです。
ちなみに大阪は箕面などに「da BOSCO(ダ・ボスコ)」という、
手作りっぽい家具のお店がありますが、関連会社だそうです。
妙に細工が上手で、木の扱いも割りと上手いなぁと思ってましたが、
一方で箱物はあまり上手ではない感じがしてました。
二段ベッドの会社=脚物家具メーカーということでちょっと納得です。

なお、今回購入したのは「picue(ピクエ)」という商品ですが、
同じメーカーで「FREET(フリート)」という商品があります。
私が確認した限りでは、フレームの仕様はピクエとまったく同じで、
フリートのほうがいわゆるカタログ商品、
ピクエがカタログ外商品となっているようです。
このように商品名を分けるのは競合店対策のためで、
車で言えば古くはカローラとスプリンター、
最近で言えばノアとヴォクシーのようなものです。
ただし上記の場合は別物と言えるほど仕様がいろいろと違いますが、
家具業界ではまったく同じ仕様のものを
違う商品名で平気で販売していたりします(苦笑)
家具業界の悪しき慣習の一つですね。消費者を完全にナメてます。
だから家具業界は・・・(以下略)

そんなことはともかくとして、フリートとピクエには、
1つだけ違いがありまして、
ピクエにはマットレス付きのものがあるんですが、
フリートはフレームのみの販売
となっています。
で、マットレスのみを買おうとすると結構高い!
レギュラーサイズならそれほどでもないんですが(1万円前後)、
ショートサイズは別注扱いとなり、1枚=14,800円もします。
(しかも扱っているのは楽天では2店舗だけ)
なので他のマットレスも検討したんですが、
いかんせんちょっと珍しいサイズのマットレスなもので、
他に妥当な選択肢が見つからず、
マットレス付きのピクエをチョイスしたという次第です。


さてさて話を元に戻しまして、今回購入した商品は中国製
昨今の中国製のものとしては品質は可もなく不可もない感じですが、
前述の「da BOSCO(ダ・ボスコ)」が木地を活かした商品が
主体であることからも推測されるように、
塗装に関してはノウハウが乏しい様子で、
下地の処理はちょっと雑な印象です。
ま、中国製だしこの価格帯だからこんなもんかと思いますが。

また、タモ材は木目が美しいことから家具用材として重宝されますが、
この商品に関しては、等級の低いタモ材が使用されているようで、
あまり色の良くない材木が使用されています。
ただ、値段相当と言えばその通りだと思います。

あまり程度の良くないタモ材

なお、無垢材は主にヘッドボードとフットボードに使用され、
サイドフレームはほとんどが突板です。
商品写真で見ると丸みを帯びた部材が無垢材、
直線カットとなっている部材が突板と思ってもらえば良いでしょう。

ちなみに、キズは1ヶ所ありましたが、気になるレベルではありませんでした。
組み立ての際にネジ穴が開いていないとか、そういう不具合もなく、
雑な仕上げという印象はまったくありませんでした。


ほか、一番大事なことですが・・・耐久性はまったく問題ないと思います。
特にスノコは頑丈に作られていると感じました。

スノコ裏面

桟木はLVL(構造用単板積層材)で、釘ではなく木ネジで固定しています。


スノコの裏にマジックテープで貼り付ける「ほこりガード」
ちょっと安っぽくてイヤだなぁと思いましたが、
まあ合理性を考えれば致し方なしかなとも思います。

スノコにホコリガードを取り付け 下段から上段の底面を見た様子

・・・とまあ、いろいろ申し上げましたが、
中国製で、タモ材で、このくらいの品質、価格だったら、
私はまあ悪くないと思いますね。


お次、購入したお店についてですが、何が失敗だったかというと、
発注後、お店から「商品の出荷準備が調いましたら配送会社、
荷物伝票番号など、改めてご連絡させていただきます。」
と連絡がありながら、その後、発送の連絡がなく、
発注から9日後に配送業者の不在票が入っていたのです。

5営業日前後で発送ということでおとなしく待ってましたが、
連絡さえくれればもっと早くこちらも受け取れましたし、
何より一番かわいそうなのは配送業者です。
あんな重くてかさばるものを2回も積んだり降ろしたりして、
トラックで2往復も走らされたらたまったものじゃありません。
(ちなみに商品重量は全部で132kgです)

ピクエを扱っているのはいわゆる「何でも屋」みたいなところばかりで、
仕方なくその中から一番安いところを選んだんですが、
やっぱり家具は「何でも屋」なんかで買うもんじゃないですね。
痛感しました (;´д`)

※ちなみに、半月以上経った現在もお店からは音沙汰なしです。
 こういう、配送業者泣かせの店は、私は大嫌いです!


で、今度はマットレスについてです。
サイズが一番マッチするのはコレしかないんでそうしましたが、
中身を見て、まあ本当にビックリしましたよ。

マットレスの中身

不織布に包まれたウレタンチップ
チップ状にした様々な硬さ(軟らかさ)のウレタンを
接着して板状にしたものですね。
一般的に、ソファーのウレタンの芯のほうに使ったりします。

これですね・・・寝心地という点では悪くないんです。
様々な硬さ(軟らかさ)のウレタンが混じってますから、
ちょうど良いくらいの沈み込み具合なのです。

ただ、板状になったウレタンチップはもろいんです。
マットレスを持ち運ぼうとすると握ったところがちぎれたり、
折り曲げようとしようものなら真っ二つに折れたりします。

「国産」で、中身は「ウレタンフォーム」と書いてありましたから、
私はてっきり、軟らかいウレタンと硬いウレタンが、
3層くらい重なった構造だと思い込んでいました。

材料コストで言えば、どんなウレタンを使ってもあまり変わらないんですよ。
また、寝心地だけで言うなら、ウレタンチップも悪くないとは思います。
が、ウレタンチップのみというのはあまりにも耐久性無視!
これはたぶん、2〜3年も使えばアウトだと思います。
その観点でいうとこの価格はちょっと高いと言わざるを得ないでしょう。

そんなわけで、このマットレスがダメになったら、
安い低反発マットレスの中身を引っ張り出して自分でカットして詰め込むか、
サイズの合う敷布団を買うか、サイズオーダーするかだろうなぁと思ってます。
とりあえず今回購入したマットレスは手荒に扱わないように
注意して使いたいと思います。

 

まとめ


私自身はピクエそのものには満足していますが、
扱っているお店がどこもあまりよろしくないようですので、
いわゆるプロパー品の「FREET(フリート)」を、
ちゃんとした家具販売店で買うのが良いかと思います。



で、マットレスじゃなくて敷布団をサイズオーダー。
どれがアタリかは私には見当がつきませんので
具体的な商品のピックアップは控えさせていただきますが・・・。


でもまあ、二段ベッド買って良かったですよ。
子供たちは第2の部屋みたいにして遊んでますし、
めちゃぐちゃ喜んでくれています
 (´∀`*)
(第1の部屋はそれぞれの学習机)

ホント、それが全てかな、と思います。
(いつまでそれが続くかは未知数ですが・・・笑)
このエントリーをはてなブックマークに追加


関連する記事
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

categories
archives
new entries
recent comment
  • ほとんどの引出に対応!誰でもできる引出の外し方
    収納マン (04/20)
  • ほとんどの引出に対応!誰でもできる引出の外し方
    すず (04/19)
  • ほとんどの引出に対応!誰でもできる引出の外し方
    収納マン (03/29)
  • ほとんどの引出に対応!誰でもできる引出の外し方
    メイプル (03/28)
  • ほとんどの引出に対応!誰でもできる引出の外し方
    収納マン (03/08)
  • ほとんどの引出に対応!誰でもできる引出の外し方
    たかも (03/08)
  • スチールワイヤーシェルフの互換性(12)メーカーが分からない場合はどうしたら良い?
    収納マン (03/07)
  • スチールワイヤーシェルフの互換性(12)メーカーが分からない場合はどうしたら良い?
    koddy (03/07)
  • スチールワイヤーシェルフの互換性(10)LIFELEXメタルラック(コーナン商事)
    収納マン (02/21)
  • スチールワイヤーシェルフの互換性(10)LIFELEXメタルラック(コーナン商事)
    壊れちゃった (02/21)
profile
search this site.
recommend
others
counter
  • 累計:
  • 本日:
  • 昨日:

このページの先頭へ▲