2014年度のカリモク家具の学習机は「収納デスク」をプッシュ!

2013.09.07 Saturday
2014年度のカリモクの学習机カタログにザッと目を通すと、
「収納革命」「収納デスク」を前面に押し出していることが分かります。



これは昨年度もあった組み合わせで、
昨年度もそれなりにプッシュしていましたが、
2014年度はより強くプッシュしている印象があります。


デスクから引出を排除し、背が高くて幅もある書棚と組み合わせることで、
収納力を増やし、ゆったり座ることもできる、というコンセプトですが、
私自身はこのコンセプトには大いに疑問があります

私の考えでは、「学習机は引出が命!」です。
その引出を排除してしまうという考え方は、私にはあり得ない。

学習環境だけでなく、リビングでも、キッチンでも、
「棚から引出へ」という進化が基本的な流れです。
それは、小物の収納が一番難しいからです。

たとえば筆記用具を片づけるとき、
引出ならキチンと仕切らなくても、
放り込めばそれだけでスッキリさせることができます。
しかし、棚の場合はペン立てに立てるなどする工夫が必要であり、
またそれを見た目に美しく保つのはなかなか難しいことです。

会社員でも、「自分のデスクに引出がもっと欲しいくらい!」
とおっしゃる方は多いです。
大人でもそうなのに、子供に引出ナシを強いるのは、
ちょっと酷なような気がしてなりません。


また、背の高い棚を置いちゃっても、
新入学児童には棚の上のほうは手が届きません
だから、ハイタイプの上棚の学習机が減ってるんじゃないですか。

もちろん、デザイン性や実際の使い勝手の面では、
昔からあるハイタイプの上棚の学習机とは違う部分もあります。
ですが基本的にはこれは進化ではなく、退化だと私は思うのです。


以上はあくまで私の考えです。
カリモクは販売前からマーケティングをしっかりやっているはずですし、
昨年度に導入して手応えを感じているからこそ、
2014年度はより強くプッシュしてきている、
つまりはそれなりの需要があることは間違いありません。


さて、収納デスクはそれくらいにして、
他のラインナップを見ていきましょう。

2014年度の一番特徴的な新モデルはPicross(ピクロス)



やや不安定な脚形状に見えますが、その点は心配なさそうです。

この脚形状を見ると、雰囲気はまったく違いますが、
私は同じくカリモクの人気ラインだった
「ルスティック」を思い出しますが(笑)
確か、ルスティックの学習机もありましたよね〜。


もう一つの新モデルはOak forest(オークフォレスト)



なんだかティポリーノと自社競合しそうな脚形状ですし、
他社にも同じようなデザインのものがありますが、
商品名が示す通り、「木の温もり」があるデザインです。

このあたりはコイズミ・PREO(プレオ)
イトーキ・tref(トレフ)と同じ方向へ向かっているのかな、
という感じがしますね。


あと、ディテール面でちょっと気になった点をひとつ。

ペントレーが従来の木製から樹脂製に変わりました
(一部モデルのぞく)

樹脂製ペントレー

これは非常に驚いた! (@_@)

普通、木製のほうが高級感があるわけですよね?
他の家具メーカーも以前は樹脂製だったのが、
木製に変わっているくらいですから。

この点でも「退化」・・・とは私は思っていません。

ハッキリ言ってね、木製のペントレーは使いにくいです。
仕切り板がハッキリしないので、ペンなどが安定しないし、
容積に対して実質収まる量が少なくなるし。

そんなわけでカリモクは「質」よりも「実」を
取りにいった
んじゃないでしょうか?

賛否両論あるでしょうけれども、
私はコストダウンを図るためだとは思っていません。
 
2014/10/11追記:
カリモクの方に確認したところ、
ペントレーを木製から樹脂製に変更した事実はないということです。
木製のペントレーが付いたモデルと、
同じく樹脂製のものが付いたモデルが併存しているというのが、
事実ということだそうです。
訂正とともにお詫び申し上げます。


最後に、学習机本体ではないんですが、
布バネを採用したデスクチェア・クレシェ(XT2401)は良いですね (´▽`*)



布バネって分かります?

普通はだいたい1cm厚くらいの合板の上にウレタンスポンジを乗っけて、
さらにその上に合成皮革などを張るんですが、
布バネというのは、真ん中を大きくくり抜いた合板に伸縮性のある布を張り、
その上にウレタンスポンジ、さらにそこに合成皮革などを張るので、
座面の合板が少ない分、軽く仕上げることができるうえに、
座り心地が素晴らしい
わけです(従来比)。

背もたれもメッシュ生地で座り心地、通気性ともに申し分ないですね。
これがためにカリモクをチョイスするというのもアリだと思います。

これ、量産メーカーはともかく(価格面で)、
他社が追随しないのが不思議なくらいです。
ダイニングチェアでは割りと普及してるんですけどねー。
やっぱり、PL法上の不安があるんでしょうか?
このエントリーをはてなブックマークに追加


関連する記事
コメント
収納マン様、こんばんは。
いつもブログを拝見しています。

来春入学予定の娘の机を購入するにあたり、去年よりカタログを取り寄せたり収納マン様のブログを見て少しずつ勉強しています。
が、先日家具店にいっていろいろ見たところ、どれを選べばいいのか悩んでしまいました。


私が思う机の条件は、
こどもが使いやすいこと、長時間座っていても疲れにくい椅子であること、できれば収納力があることです。


置く場所は既にピアノを置いている小さめの6畳で、2つ下に妹がいるので2つ机を並べることになります。


カタログを見て気になっているのは浜本工芸ですが
売り場で見て収納力のあるコイズミのプレオミドルタイプやイトーキのトレフもいいかなと思いました。(部屋には他に個々に子供用品を置けるような場所がないのでスタンダードスタイルになります。)


しかしカタログを見ていたときからの疑問ですが、
浜本工芸やカリモクなどの家具メーカーは机の高さが72〜73なのに対してコイズミやイトーキなどは76ですよね。
高さ76は標準身長180センチとなっているので女の子にはちょっと大きすぎると思われますが収納マン様はどのようにお考えですか?

売り場で浜本工芸の木製チェア2704で浜本06とプレオに座って比べてみたところ、やはり机の高さ3センチ差を感じてしまいました。(私は背が小さいほうです)
小学校は成長過程で大きめでも仕方がないとは思いますが、大人になっても机が大きいままで足が地につかず、身に合わないということにならないのかと心配です。

椅子調節で身にあわせるものでしょうか。
ガスチェアは考えていません。

本当は収納マン様のお勧めするカリモクのクレシェが気になりますが・・・机幅100センチでワゴンを置く場合はクレシェの横幅が結構あるのでやっぱり無理ですよね?!


お忙しいとは思いますがよろしくお願いします。

  • まよいねこ
  • 2013/09/09 10:07 PM
まよいねこさま

はじめまして^^

さすが昨年から検討されているだけあって、スルドイところを突いてきますね!

デスク天板の高さの違いは、それぞれの生い立ちの違いからくるものでしょう。カリモク、浜本工芸は総合家具メーカーで、国産ダイニングテーブルの一般的な高さは68〜72cm程度、コイズミやイトーキなどもともとスチールデスクを作っていたメーカーは高さ73cm〜が一般的です。
テーブルやデスクってもともと欧米文化のものなので、高さが欧米人体型に合わせて作られているのですが、国産家具メーカーは徐々に日本人体型に合わせて設計されるようになった一方で、オフィスでは男性社会の影響か靴を履いているからか、高さは高いまま維持されてきているようです。

よって、椅子の座面をいくら高くしても、大人になっても身長が低ければ(身長160cmまで)地面に足がつかないということは十分考えられます。

この天板の高さの問題は私も言及しづらい部分がありまして、日本人の体型にはカリモクや浜本工芸など家具メーカーのものが合っているんですが、そう言うと選択肢が少なくなってしまいます(しかもお値段が良い)。また、確かに床に足がついたほうが良いんですが、それを大前提にすると天板昇降式デスクを肯定することになってしまいます(しかし長い目で見ると収納面での犠牲のほうが大きい)。

以上のことから、まよいねこさんの場合は、カリモク、浜本工芸、堀田木工所など、家具メーカーの中から選択された方が良いかもしれません。

あと、カリモクの椅子クレシェの件ですが、そうですね、これは100cm幅のデスクには大きいですね。ワゴンを幅の狭いものにすれば収まる可能性がありますが、収納力が大幅に減ってちょっと本末転倒な気がしますものね。

以上、ご参考になれば幸いです^^
はじめまして
子供の学習机を探していてこちらのブログにたどり着きました。
過去の記事もゆっくりじっくり拝見させて頂きました。
とても参考になる意見ばかりで勉強になります。

わが家の机選びの条件は、①男女選ばないシンプルなもので2台並べて置けるもの、②色は白(娘の希望)とダークブラウン(息子の希望)、③子供がいらなくなった時に、夫婦で使いたいと思えるもの でした。

机は去年から悩みに悩んで、ようやくボナシェルタに決めたのですが、
椅子をこれまた悩んでまして…
こちらの記事にあるクレシェと、同じくカリモクのXT2103です。
クレシェ、とっても座り心地いいですし、口コミや評判もいい、ショールームでも一押しでしたが、果たして中・高校生になっても使ってくれるでしょうか?
やっぱりキャスター付きが欲しくなりませんか?
カリモクのショールームで相談したら、皆さん買い替えられてますよっと…
クレシェ、結構いいお値段なのに、6年やそこらで買い替えるなんて!!と思ってしまいます。
条件③を考えた時も、クレシェはちょっと自分で使いたいとは思えないんですよね…

最初からキャスター付きってそんなにダメなんでしょうか?
今は回転ストッパーも付いていますので、昔のように落ち着きないって事もないと思うのですが…

宜しければアドバイスお願いします。
  • ねね
  • 2013/09/10 9:24 PM
収納マン様、こんばんは。
早速の回答をありがとうございます。

そうですね、収納力を考えてコイズミやトレフも候補にしたのですが、座った感じにモヤモヤ感がありました。
もちろん子供は私より身長がもっと高くなるでしょうが、大人になっても机が身に合わないものはどうかと思うので候補からはずそうと思います。


そうなると候補は、
〇箸い笋垢修Δ箸いε世任鷲曜楾芸です。
その中では06、45、84で考えたいと思います。椅子は2104か2704で。
06は脚の形状の良さと奥行65とほどよい大きさ、足元に棚があるというところが気に入っています。
しかし部屋が狭いため壁とワゴンに挟まれることによって足形状の良さが活かされるのかと疑問に思い45と84も候補にしています。


椅子がいいということからはカリモク。
スパイオキッズならクレシェがなんとか収まるかと思いますがやはり100センチ幅の机にはやめておいたほうがよいでしょうか?
ワゴンが固定袖という点と前に引き出しがついていないという点、奥行60では机の上に本を置くとかなり狭く感じるという点が少し気にはなります。


あと身に合っているものとしては天板昇降でコイズミのリデアセレクト。収納面では一番心配ですが、狭い部屋で2つ並べても圧迫感がないかなと思います。


上記の中で収納マン様からみてお勧めのものはありますか?
またコストパフォーマンス的に他にもお勧めがあるなら教えてください。

よろしくお願いします。


  • まよいねこ
  • 2013/09/10 10:09 PM
ねねさま

はじめまして♪

一般論としては回転チェアだとグルグル回ったりして落ち着かない、とされていますが、落ち着かない子の場合は回転式でない学習椅子でも前後にガタガタとロッキングさせますので、つまるところは同じです。
だから回転式がダメってことは全然ないと思いますね。

ちなみに、回転式のほうが新入学時は重心が高くなる一方で土台が安定しないということのほうが私は少し気になります。

それと買い替え、寿命についてですが、これもやっぱりその子の使い方次第です。バッタンバッタンと何度も倒すような使い方をしていれば6年ももたないことは十分考えられます。
ただそれよりも、何か思うところがあって違うタイプの椅子に買い替えるということのほうが多いんじゃないかなとも思います(固定→回転、回転→固定、学習椅子→ハイバック、など)。
まよいねこさま

(1)実はウチもデスクの脚が横から座りやすい形状なんですが、2台並べて、しかも壁に寄せてあるので、今のところは脚形状が関係ない状態です^^;
ただ幸いなことに椅子をバランススタディにしたので斜め後ろからまたがるように座るためまったく問題ない感じです。

ですからDSC-5004のように幅があって椅子の前脚が垂直のものよりもDSC-2104やDSC-2704のように幅が小さめで前脚が斜めになっているもののほうが座りやすいでしょうね。

それでもまあ、No.06デスクのほうがいくら横が壁でも、たった数cmのことですが足元に余裕ができやすいのは事実です。そもそも、ワゴンを収めて、椅子を収めたら、ゆとりなんてほんの数cmですから、デスクの脚が手前で当たらない数cmも意外と大きいものです。
(すいません、余計に迷うようなこと言って・・・^^;)

(2)100cm幅のスパイオキッズにクレシェを収めても数字上は4cm以上ありますから、まあ大丈夫じゃないかと思いますけどね。
それよりも、まよいねこさん自身もおっしゃるように、本体に引出がないのと奥行が短いのが少し気がかりですね。

体が大きくなるようであれば本体引出がないのは足元がゆったりするという面で長い目で見ればメリットがあるのですが、まよいねこさんのお宅の場合はそうでない可能性が高いようですからね・・・。

(3)リデア・セレクトは確かに背丈の問題もクリアしやすいですし、天板が低い位置にあるときは2台並べても圧迫感が少ないですよね。天板昇降式なら他にも選択肢の幅がありそうですし。もっとも、引出の収納力の面ではどれも少し不安がありますが・・・。


以上3点を考慮すれば、もっとも肝と言えるポイントは、引出重視か、それ以外を重視するか、ということになるのではないでしょうか?
引出重視なら(1)浜本工芸、そうでなければ(2)カリモクまたは(3)コイズミ・リデアなど。
まずそこを絞ってしまったほうが、さらに絞り込みやすいでしょうね。
収納マン様、こんばんは。

なるほど、浜本06の脚の件、少しでも余裕ができるんですね。
狭いので少しでも広いとありがたいです!



クレシェは座り心地が気になるので近いうちにカリモクへ行って見てこようと思います。


すみません、たくさん聞いて申し訳ないのですが、
カリモクの塗装についても教えてください。

浜本工芸の塗装はペンなどで汚れても拭いたらきれいになりそうなんですが、カリモクの塗装はどうでしょうか?

どちらの塗装の方が汚れにくいですか?

カタログを見ての私の勝手な想像ですが、
デスクマットをひいたとしても子供が鉛筆で黒くなった手で引き出しの開け閉めをして黒ずんできやすくないでしょうか?(カタログのスパイオキッズの大きな写真がピュアオーク色だからでしょうか)

ピュアオーク色はすごくきれいな木の木目を感じる塗装ですがナッツシェル色にする方が無難でしょうか。

カリモクに行って自分で確認すべきですが教えてください。お願いします。
  • まよいねこ
  • 2013/09/11 9:45 PM
まよいねこさま

カリモクの、どのモデルでしょうか?
ピュアオーク色、ピュアビーチ色はオープン塗装といって木管を埋めずに塗装してあるためピンホール(針で突いたような細かい穴)があり、そこに汚れが沈着する可能性はあります。
ただ、この塗装方法はダイニングテーブルでも使われますので、それほど心配は要らないと思いますが、理論上はクローズ塗装(木管を埋めたフラットな塗装)のほうが汚れにくいと言えます。

ピュア色以外は基本的に、たぶんクローズ塗装のはずです。
汚れやすさはやはり、明るい色のほうが汚れが目立ちやすいですが、逆に濃い色の場合はキズになると目立ちやすいとも言えます(木地は白っぽいので)。

浜本工芸、カリモク、どちらが汚れやすいかと聞かれたら、ちょっとお答えするのは難しいですね(ちなみに浜本工芸はすべてクローズ塗装のはずです)。
基本的には使い方次第です。
収納マン様、こんばんは。

カタログはスパイオキッズとピュアナチュールを見ていました。
木の素材感がよくわかってきれいですね。


色によって塗装が変わるということにびっくりしました。

オープン塗装のものは、うちの場合気が付いたらクレヨンがついていたっていうことになりそうです・・・。
拭いたらきれいになるでしょうが、小さいうちはちょっと心配かもしれませんね。
クローズ塗装のもので探したほうがいいかもしれません。


カリモクに行って塗装もよく観察してきます。


またわからないことがあれば聞くかもしれませんが、そのときはまたよろしくお願いします。
収納マン様のブログを読み直して子供に合う机を決めたいと思います。
ありがとうございました。


  • まよいねこ
  • 2013/09/12 10:52 PM
まよいねこさま

お役に立てれば幸いです^^

まだ9月の半ば・・・まだ学習机は全部で揃っている感じではないですし、まだまだゆっくり品定めできると思います。
じっくりと満足のゆくものを探してください♪
収納マン様、こんばんは。


先日カリモクのクレシェを見てきました。
収納マン様のおっしゃるとおりすごく座り心地がよかったです。
布バネはもちろんですが、座面の大きさも横幅奥行が少し大きいのかゆったり座れました。
大人になって使っても安心感がありますね。


スパイオキッズにクレシェですが、なんとか収まりますが、机の脚形状がまっすぐなこととチェアにキャスターがついてない分少し座りにくいかなと感じました。
カタログでは合わせている写真もあるので慣れかもしれませんね。



収納マン様、私が机を置こうと思っている部屋の壁は243センチなんです。姉妹で机を置くので250センチあれば、スパイオキッズで大人になって125センチ幅にしてクレシェもゆったり座れるのにとちょっと残念。

そこで机幅100センチで机と机の間にカラーボックスを置こうかを考えてました。


いいなと思ったのが
浜本工芸06(100センチ)+チェアDSC2704(天板の奥行と引き出しの良さと机下収納があるところ)、
カリモクスパイオキッズ+チェアXT1811(キャスターがついてるので)、
カリモクスパイオキッズ+クレシェ、
堀田木工のベルダッドのオーク(すっきりしていて値段的に魅力。ただ実物を見れてないのとチェアは何を合わせればいいのかわかりません)
です。


しかし、先日の9月24日の浜本工芸さんへの取材の中で、学童用と書斎用のチェアのことを書かれていましたよね。



100センチ机+机下に袖+学童用チェアで買った場合は子供が大きくなったら袖を机の横に置いて大きめのチェアに買い直すものでしょうか・
袖を机の外に出すと141センチ、かなりスペースが要ります。
机下に袖を置いたままの場合、座面の大きなチェアに買い替えたくても机下に収まらないので、皆さん学童用のチェアのままかバランスチェアなどの買い替えになるのでしょうか。


うちの場合、袖を外に出したりスパイオキッズを125センチにすることが今のところはできないので(賃貸なので今後ないとはいえないのですが・・・)、
大人になっても脚まわりがゆったりの110センチにいっそ最初から買ってしまおうか迷ってきました(エテルナ110センチ+クレシェ)。
ただしやはり大きいので少し不安です。


どこの机にするかだけでなくサイズとチェアの組み合わせをどうしたらいいのか悩むポイントが以前より増えてしまいました。
何かアドバイスいただけないでしょうか?


頭の中が混乱しており大変乱文になってしまい申し訳ございません。
よろしくお願いします。
  • まよいねこ
  • 2013/10/01 1:05 AM
まよいねこさま

いい感じに煮詰まってきましたね〜^^

まずデスク本体。
このグレードでお悩みなら、まずベルダッドは外すことになるでしょう。全然グレードが違いますから、実物を見れば少なからず不満を感じると思います。

そうすると、浜本工芸No.06デスクとカリモク・スパイオキッズまたはエテルナになると思いますが、幅サイズ、椅子、収納力などなどの面で考えなくてはならないわけですよね。

幅はスパイオキッズは100cmのみなので、幅のことはいったん置いておいて、椅子のほうから見ていきましょうか。
まずカリモクですが、XT0901以外はほとんど椅子の幅は同じです。この場合、クレシェとXT0901とで悩むことはあっても、XT1811と比べてもあまり意味がありません(幅がほとんど一緒)。
キャスター付きだと確かに椅子は動かしやすいですが、クレシェの場合も脚部底面に家具滑りシート(たぶん付属品)を貼り、フローリングの上で動かせば、キャスター付き同等に動かしやすいはずです。もしくはカーペットを敷いた上で使用するかですね。

椅子は大人になっても使い続ける人もいますし(本来それだけの耐久性はあります)、大きさや座り心地を変えたくなって買い替える人もいます。もちろん、乱暴に扱って壊してしまうこともあります。
お嬢様方が将来的にどれほど大きく成長するかはお母様でも分からないと思いますが、早ければ5年後くらいにでも買い替える可能性はあると思っておいてください。
そうするとやはり、基本的には新入学〜小学校卒業くらいを旨として椅子を選んだほうが無難なように思います。大人でも使えるということを第一に考えても、それが丈夫で壊れなくても買い替えたくなることはあるわけですからね。

話は浜本工芸のNo.06デスクに飛びますが、袖ワゴンを横に並べて使うということは、一般論でいうとあまりないとは思います。だいたい、幅110cmが確保できなくて幅100cmが主体になっている現状で、成長とともに部屋に置きたいモノが増えてどんどんと部屋が手狭になっていくのに袖ワゴンを横に並べる余裕などないことのほうが多いと考えられるからです。
ただ、袖ワゴンは横に並べなくてもL字に置くことはできます。本体引出の片方が使いにくくなりますが、デスクに向かうときだけL字型に配置するということは割りとよくあるようです。またそのような使い方をすれば、体が大きくなっても足元に余裕が生まれますよね。

で、また話は変わってデスクの幅ですが、100cmだったら2台並べてもそれぞれランドセルか手提げカバンを横に掛けられるくらいのスペースがありますよね。カラーボックス程度の幅のラックなどを置くことも可能。
さらにもし今後お引越しされて、110cmでは置けなくても100cmだったら置けるという状況でも対応可能です。
もちろん逆に、ご新居について白紙の状態であれば、110cmの机が置けるような間取り寸法であったり、他の家具をチョイスすれば良いわけですが。

110cmを2台並べると、残りのスペースは20cmほど。それぞれが手提げカバンを1〜2つ掛けれる程度ですね。
その代わり、今後成長しても足元も天板も広々。

以上のような違いになるわけですが、100cm幅を2台にしても、十分足りるほどの収納スペースを確保できるわけではありません。もちろん、幅40cm程度、高さは背丈ほどもある棚を用意すれば、お二人分の本またはカバン類を収めるには十分ですが。

浜本工芸No.06デスクの足元棚があれば、そこそこの量の本などは収納可能です。これだと、110cm幅にしても収納力は少なからず補えそうですね。今後、受験勉強のときも天板広々、体が大きくなっても足元もゆったり。ワゴンを手前に出して、L字型に配置することもOK。

エテルナの110cm幅の場合、L字型に配置するのはOKですが、収納力は100cmの場合とまったく変わりません。最大幅150cmまでにできるギミックもあまり活用の余地はなさそうです。浜本工芸のNo.06と比べた場合には、総合的にややメリットが薄いような感じがします。

スパイオキッズも幅125cm、150cmのギミックは現状では使えそうにないですね。そうするとスパイオキッズの良さが活かせるのは袖引出の奥行が深いことくらいでしょうか。

まあそんなわけで、無難なところで言うと、浜本工芸No.06デスク100cm+DSC-2704か、エテルナ100cm+XT0901。いずれもL字型に配置OKで、そうすると天板面も足元もゆとりが生じますし。
No.06は上棚を付けるとちょっと値段が高い、エテルナは収納力が少し劣る、というのが悩みどころですが。
まよいねこさま(つづきです)

で、部屋の中に他に収納スペースを設けるゆとりがあるようであれば110cm幅も検討。
エテルナの110cm幅だったらクレシェもOKですね。
そんな感じでしょうか?
収納マン様、こんばんは。
丁寧なご回答をありがとうございます。


100センチ幅机に袖をだしてL字型にすると脚元にゆとりができることなんて気づきませんでした。
なるほどです。袖を出すということは場所もとりますが使う時だけと考えれば検討したいと思いました。

椅子も買い替えるつもりにしておこうと思いました。
ただ幅42センチくらいの学童用椅子を買っていて大きい椅子を買い替えた時の椅子の収納が気になって仕方ありません。
きっと幅48センチ以上のものに買い替えになると思いますが机の下に入らないので前にどーんと置いておくことになりますか?結局場所をとることになるのかなと気になります。(本人がバランスチェアを気に入ってくれればいいんですが。)


110センチ幅机魅力的ですが2つの机の間に少しでも本棚の置ける100センチ幅のほうがうちには合ってるのかもしれません。

机で好きなのは浜本06。
椅子の件が気になるのと予算が確かに上棚つけると結構するのが問題・・・。
上棚なしでとも考えていますがバックパネルがあったほうが前に何もないより落ち着くのですごく迷っています。

スパイオキッズも125センチにはできませんが100センチでも脚元に少しゆとりがあるし、椅子がいいので気に入ってます。

エテルナですが椅子XT0901は小さめなんですね。
色を合わせるにはクレシェかXT0631だと思っていたのでXT0901は考えていませんでした。
それにしてもエテルナ100センチ幅では幅47センチ椅子と合わせるのは子供が使うにはしんどいですよね。XT0901でエテルナの色があればいいのにと思いました。


ちなみに私の使っていた机は110センチ幅で椅子のことや脚元のゆとりなんて気にしたことはありませんでした。しかも中学のときにバランスチェアに買い替えてます。
当たり前に使っていましたが、今思えば恵まれていたなあと感じています・・・。





  • まよいねこ
  • 2013/10/05 2:29 AM
まよいねこさま

椅子の買い替えについて、たとえば回転チェアに買い替える場合、肘付きでなければ、脚部の幅が大きくても、それなりに机の下に収まるはずです(5本脚の場合、2本が机の下に収まる)。
だから買い替えるときは机に合わせて買えば良いのですから、今はそこまで悩まなくても良いんじゃないですか?

私も、まよいねこさんの今までのお話からすると、やっぱり100cm幅かなぁと思いますね。十分ですよ。

エテルナとXT0901・・・確かに素材が違うし、色も違いますね。ただ私の今までの経験でいうと、XT0901をエテルナのカラーに別注することは可能じゃないかなと思います。
ただし値段はちょっと割増しになりますし、納期はちょっと待たされます。またそれ以上に問題は、素材が違うので、同じ色で塗っても同じ色に見えないことです。

でもまあこれで3台、かなり条件が絞れてきましたね^^
あとは予算、機能、見た目、お子様のご意見次第でしょうか?
収納マン様、こんばんは。

何度も質問してしまい申し訳ありませんでした。
たくさんアドバイスしていただいて感謝しています。


残った候補のものはどれも素敵で好みのものなのでどれを選んでも正解と思っています。
毎日のように第一候補が変わっていますのでそのときの勢いで決定するかも・・・です。
私はもう迷いすぎるので本人に聞いてみて決めたいと思います。


机購入にあたり、いろいろ今あるものの整理や片付けもしないと。
部屋のスペースに余裕がないため押入れを整理して子供たちのもの入れをつくりたいと思っていますが、押し入れは奥行があって使いやすい収納にするには難しいですね。
考えることがたくさんです・・・。
収納マン様の他のブログもまた参考にさせてくださいね。




  • まよいねこ
  • 2013/10/06 12:55 AM
まよいねこさま

そうそう!家具を買うのって結婚相手決めるようなものですから、勢いも大事!それもご縁だと思いますよ^^

これから子供部屋を確保するのも大変ですが、まあ小学校に入るとなれば不要になるオモチャもありますし、お父さんとお母さんには「子供と自分のモノ、どっちが大事!?」と割り切ってそれこそ「断捨離」してもらう必要もあるかもしれませんが、まあまた片づけのことでもいつでもご質問ください♪

ちなみに押入は手前に良く使うモノ、奥にほとんど使わないモノを収納するのが基本です。
収納マンさま

はじめまして。くりぼうと申します。
来年、入学を控えた息子がおりまして、学習机の検討を始め、こちらのページを大変興味深く読ませていただいております。

先日、家具フェアで下見をしようと思い、出掛けたのです。カタログだけではわからない、カリモクと浜本の質感の違いを確かめようと・・・
カタログを見ていて、カリモクならボナシェルタ、浜本ならNo6000シリーズがいいかなと思っていました。
色の感じやデザインの実物を見て、ボナシェルタのピュアオーク色(110センチ)が第一候補になりました。

そして、チェアですが、ここで見てクレシェの座り心地を実際に体感して見ようと思って行ったのですが、想像以上に良かったのでクレシェが第一候補です。
しかし、帰宅後によくよくカタログを見ていたら、クレシェにはピュアオーク色はないのです・・・

でもフェアの売り場には、ピュアオークのボナシェルタに合わせてクレシェが置いてあったのですが、あれはピュアオークではない?!
売り場では、そんなこと思いもよらなかったのですが、他の近い色と合わせてあったのでしょうか。
カタログを見ると色が近いのは、ピュアビーチかアーバンクリームあたりなのでしょうか?

机はボナシェルタのピュアオークでほぼ決めようと思っていますが、これにクレシェを合わせたい場合、収納マンさまでしたら、どの色にしますか?
同じピュアオーク色がある他の椅子にすべきか、それとも少し色が違うけど座り心地最高のクレシェにすべきか、悩んでおります。

なにか良きアドバイスがありましたらお願いします。
  • くりぼう
  • 2013/10/06 4:08 PM
くりぼうさま

はじめまして^^

あ〜、ボナシェルタ、良いですよね〜♪
クレシェも素晴らしい!
うらやましいですよ〜^^;

さてご質問の件ですが、クレシェは成形合板を使っているので、ブナ材なんですよね。だからオーク材のボナシェルタとは材質が違うので、同じ色にできない、というわけです。

ただ、くりぼうさんと同じことで悩んでおられる方は多いと思います。
でも、クレシェをボナシェルタと同じ色にすることはたぶん可能だと思いますよ。カリモクはそこんところ、割りと融通が利くのです。

ただ、材質が違いますのでまったく同じ塗料を使ってもやっぱり色は同じにはなりません。また、別注のため価格はちょっと上乗せになります(たしか15%くらい?)

まあちょっと、販売店に聞いてみてください(メーカーに直接聞いたら断られる可能性があるかもしれません)。
もし無理だったら、アーバンクリーム色ですかねぇ・・。

また問い合わせてみた結果を教えていただければ幸いです^^
こんにちは!

色々お世話になりました!
おかげさまで先日デスクが決まり注文しました♪

決まったデスクはピュアナチュールのピュアオークです。40造離僖優襪搬鬼は迷ったのですが天板の短い物にしました。ライトも部屋の明かりもあるのでカリモクのものにし、椅子はクレシェです。

上のコメにありましたが、クレシェにピュアオークがなく、ピュアビーチを合わせているとのことで、座面は子供希望の黄緑にしました。

スパイオキッズに決まるのか?!と思ったのですが、結局何度も試して子どもが選んだのは座りやすく入りやすいピュアナチュールでした。色はピュアオークでもいいとのことでプレゼントのデスクマットは本人希望の世界地図に♪

予算の都合もあり当初から色々悩みましたが、やはり最初に惚れたものに決まり、決まってしまえばホットしています(笑)予算はオーバーしましたがかなり近づけるよう頑張ってもらいました!

足元の収納で浜本工芸さんも良かったのですがデスクの色が明るいカリモクさんにしました。
収納が足りなくなったらまた考えることにします。


惚れていたデスクに決まり恋が実ったような爽快感を味わいました!こんな気持ち久しぶりです(笑)

片付けもしなければなりませんので、まだまだブログ&本を参考にさせていただきます!
今後ともよろしくお願いします!


  • くまのプー
  • 2013/10/08 11:08 AM
収納マン様

こんにちは。くりぼうです。

机はオーク材、椅子はブナ材。素材が違うとは、全く気がつきませんでした。
そのような理由があるのですね。

ということで、早速、問い合わせをしてみました!

問い合わせの内容としては、前コメントで収納マン様にお尋ねしたように
.椒淵轡Д襯燭離團絅▲ーク色にクレシェを合せるとしたらどの色が一番近い色なのか。
▲レシェに特注(別料金OK)でボナシェルタのピュアオーク色と同じ塗装は可能か。
という内容です。

なんとなく、いろんな意見が聞きたかったので、複数のところへ(笑)


■カリモクのHPにある問い合わせフォームより質問→メール回答
-----------------
クレシェの椅子の脚の型は丸くなっていますが、木材の特性で曲げ木加工するのはブナの材料が1番適しています。
一方、ボナシェルタのピュアオーク色は、材料がナラ材となります。
ナラ材とブナ材に、同じ塗装をしましても、仕上げの色が変わってしまいますので、同じ色にはなりません。
ボナシェルタのピュアオーク色を検討されるお客さまに薦めるクレシェ本体の色は、ピュアビーチ色が1番近いと思います。
-----------------


■カリモクを扱うネットショップの見積もり+問い合わせ→メール回答
-----------------
デスクチェアの木部色ですが「XT2401モデル(クレシェ)」は、チェアのデザインが積層材を使用したデザインとなっておりますので、デスク等に使用しておりますオーク材ではなくブナ材を使用しております。
その材質の違いにより、同じ塗装を施しても同じカラーとなりませんので、各色でカラー名を変更しております。
 ナッツシェル色(オーク)⇒ ナッツシェルB色(ブナ)等
BUONA SCELTAシリーズをピュアオーク色にて検討いただきます際には、デスクチェア(クレシェ)は、ピュアビーチ色にて検討いただけましたら幸いに思います。 
-----------------


■カリモクを扱う販売店(実店舗)に電話
-----------------
カリモクのカタログ内でもピュアオーク色の机に、クレシェはピュアビーチ色を合せた写真がありますように、ボナシェルタのピュアオーク色に合せるのであれば、クレシェはピュアビーチ色が一番近いと思います。
特注でクレシェにピュアオーク色と同じ塗装をすることはメーカー様とご相談になりますが、元の素材がオーク材とブナ材で異なることから、同じ塗料を使用しても全く同じ色になることはありませんし、お客様がご希望の色となるか保障ができません。もし特注した場合は、仕上がった色を見てからのキャンセル等はできませんのでご了承下さい。
個人的には、ボナシェルタのピュアオーク色にクレシェのピュアビーチ色を合せても、色味の違いはほとんど気になりませんので、問題ないかと思います。ただ、どうしても素材感の違いはあります。店頭でこちらの組み合わせををご覧になっていただいてのご購入をお薦めいたします。
-----------------


という回答になりました。
メールでの回答を頂いた2社は△砲弔い討蓮▲痢璽灰瓮鵐箸任靴燭諭
電話して聞いたお店の方は、とても丁寧に対応して下さいました。
確かに、カタログではピュアオーク色のデスクにクレシェのピュアビーチ色を合せている写真がいくつかあり、きちんと写真の組み合わせの品番が記載されていて、クレシェはピュアビーチ色との注記がありました。
先日、私がフェアで長時間にわたりそのセットを見ていた時も、全く違和感もなく同じ色だと疑わなかったことから、クレシェのピュアビーチ色で決定しようと思っております!!


収納マン様のブログを見ている方は、大切な我が子の良い机を!と思って探して悩んでいる方が多いと思います(私もその一人ですが・・・)
そのような方の参考になればと思い、収納マン様からの「同じことで悩んでおられる方は多いと思います。」「また問い合わせてみた結果を教えていただければ幸いです^^」のお言葉ありましたので、コメントさせて頂きました。どなたかの参考になれば幸いです。

長くなってスミマセンでした〜(^^;)


  • くりぼう
  • 2013/10/08 11:52 AM
くまのプーさま

おめでとうございます〜!一目惚れしたピュアナチュールに決まったのですね〜♪

なんか友達の恋バナ聞いているみたいで、こちらまでも嬉しくなってしまいますよ〜^^

あとはデスクライトと、子供部屋の確保ですか?
「意中の人」を迎え入れるとなると、片づけもルンルンですよね〜♪
頑張ってくださーいp(^^)q
くりぼうさま

ご報告ありがとうございました〜(^0^)/

そうなんですね〜、メーカーもピュアビーチ色でオススメされてたんですね〜。
よくカタログを見てみたら、確かに、商品番号に色指定が入ってました。テキトーかましてしまってスイマセン(>_<)大変勉強になりました^^;

でもやっぱり思った通り・・・実店舗のほうが融通を利かせてくれるんですね。
メーカーとしてはあまりやりたくはないけど、得意先が言うんだったら仕方ない・・・というのが暗黙の了解なんですね。
このあたりがやっぱり、カリモクが大きくなったポイントですよね。

くりぼうさんの調査結果、きっと参考にしてくれる人は多いと思います。ありがとうございました!
収納マン様、こんばんは。

決めてきました!
浜本06と椅子DSC2104Pにしました。
結局いろいろ探しましたが最初にいいなと思ったものになりました。

家具店に着く直前まで迷ってましたが、カタログを見るより実物を見て触ったりしたほうが決めれました。
あの脚形状はやっぱりいいです。
理想は110センチでしたが、100センチでも普通の脚の100センチのものより座っても窮屈に思いませんでした。

移動袖はBにしようと思っていたんですが、引き出しが多いということと、高さが低くても本などを積めるということからCにしました。

パネルは何か本立てを置こうかなととりあえずなしにしました。


ただ本が増えた場合机上が狭くなるかなと不安があります。
元よりパネル60センチはつけたいと思ってましたが、本を机上に置く点は本立てと変わりませんがパネルの上の部分はカタログのとおりCDを置くぐらいのものでしょうか?
A4サイズの本を置くには不適当でしょうか。
本を置けるならパネル60か100もしくはブックスタンド100を追加も有りかなと思っています。

何度も申し訳ないですがアドバイスください。

予算のこともありますが、ながく使うものだし使いやすいものにしたいと思っています。

ちなみにLEDはコイズミのSB358にしようと思っています。
もしパネルかブックスタンドをつけた場合上記で合わないならどういったLEDを選んだらよいかも教えてください。よろしくお願いします。



  • まよいねこ
  • 2013/10/16 11:11 PM
まよいねこさま

浜本工芸No.06デスクとDSC-2104Pに決まりましたか!
おめでとうございます^^

100cmでも窮屈に感じない脚形状・・・良かったですねぇ♪

さて、パネルですが、上段にA4サイズというのは、ブックエンドの大きさからしてちょっと不安定でしょうねぇ。もちろん、置けないことはないですが。

それよりも、こう考えてみてください。
No.066デスクの天板サイズは100×65=6500平方センチメートルです。
またNo.06バックパネル[60]の上段の面積は60×22=1320平方センチメートルです。
つまり、デスク天板面に対して約20%となります。

ちなみに、デスク天板幅100cmと110cmを比較した場合、(110-100)×65=650平方センチメートルです。
あれだけ悩まれたデスクの幅も、天板の面積だけで比較すればたった10%の違いです。
でもバックパネルを置くかどうかは天板の面積にして20%の違いなのです。
もちろん費用対効果の問題もありますので、それが一概にお得かどうかは別問題ですが。

また、デスクの上って、ちょっとしたツールや飾り物って置きがちじゃないですか。テープディスペンサーや卓上カレンダー、子供の場合はオモチャなどなど。
大人になってからも、たとえば糊が乾くまでにちょっと置ける場所を探したり、意外とこういうちょっとしたスペースって便利ですよね。
見た目のこともありますし、固定されているかそうでないかでは使い勝手も随分違いますので、ぜひ前向きに純正品でご検討ください^^

LEDデスクライトコイズミ・SB-358はレイクウッドのユニットLやデコプリの上棚の棚板に固定するものなので、NO.06バックパネル[100]の棚板への固定もNo.06デスク天板への固定も問題ないと思いますけどね。
一応、販売店にもお問い合わせください。
収納マン様、おはようございます。
いつも丁寧なご回答ありがとうございます。

よく考えればパネルの上の部分はA4サイズの本でなくてもいいですよね...。
小さいうちは小物を置いたり大きくなったら辞典や小さい本を置いたりすることができるので、前向きに検討したいと思います。

カタログではバックパネルの写真しかないのでバックパネルのほうがいいのかなあとは思いましたが、大きい本が置けるブックスタンド100もやはり魅力です。

パネル60か100、ブックスタンド100にするかはまだ迷うところですが、もう一度家具店で実物を見て決めたいと思います。



机は下の子の分も購入したので2台届きます。
2台並べて置くのがとても楽しみです。

とても満足のいくものを購入できたので学生時代といわず一生自分の机として大事にしてもらいたいと願っています。


何度も質問をしてしまいそのたびにとてもわかりやすい回答をくださってありがとうございました。
ほんとに迷っていたのですごく助かりました。


今後も収納マン様のブログはとても為になるので、いろんなところで参考にしたいと思っています。
これからも拝見させてもらいますね。

ありがとうございました。


  • まよいねこ
  • 2013/10/19 7:15 AM
まよいねこさま

No.84ロータイプブックスタンドにした場合、机天板面がほとんど丸々、作業面として使えることが最大のメリットですよね。
No.60ブックスタンドの場合、机上に直接本などを置くことになりますので、机の奥にズラッと本などを並べた場合、天板面は手前45cm弱しか使えません。
No.84ブックスタンドの場合は、本などを直接机上に置くわけではないので、ちょっとブックスタンドの棚板の影になってしまいますが、奥に参考書、手前にノートを広げて並べることが可能です。また棚板の下に、ちょっとした小物を並べてもあまり邪魔になりません。

機能的には、No.60バックパネルは簡易的なミドルハイブックスタンドですから上に小物を乗せるような使い方で、本を置く量をあまり増やさないように気を付ければ、まったく影にならない天板面を十分確保可能です。
No.84デスクの場合は小物はブックスタンドの棚板の下に置き、基本的には天板面は丸々使える一方で、棚板の下はデスクライトの光が当たりにくい場所になります。

見た目はNo.60ブックスタンドのほうが良いんですけどね〜。難しいところです^^;

でも本当に、2台の机が届いて、お子さんが喜ぶ姿を見るのが待ち遠しいですね♪
初めまして!過去のブログにすみません。
新しい「学習机評論家のオススメ」の方も拝見しておりますが上記コメント欄が内容的に近かったものでこちらにコメントさせて頂きます。

おととし、収納マンさんのブログを参考にカリモクのピュアナチュールの100センチ幅&袖机を購入いたしました。(その際には様々な記事を拝読しましたいつもご丁寧な記事をありがとうございます)

学習机はリビングに設置し、スペースの関係で学習椅子はダイニングチェアと兼用で使っていました。

そのダイニングチェアにだいぶガタがきてしまったのでカリモクのXT1811を購入しようと思ったのですが、こちらのプログ記事を見て収まるのだろうかと不安になって測ったところ幅がXT1811と全く同じ48センチでした。
販売店に問い合わせたところ理論上は収まると思いますが…という反応でしたので迷っております。

やっぱりスペースぴったりの椅子幅ですと問題があるでしょうか?今は食事の時だけ子どもが自分で動かしたりしているのでぴったり過ぎると面倒かな?
でも将来的に子ども部屋に机を移動させた際(3,4年後)には袖机を外に出すつもりなので問題ないかな?
もしくはコイズミなどで似た形状のもう少し幅の狭い物を選んだらいいのか?
と迷ってしまっています。

形としては収納マンさんがブログでも書かれていらっしゃった斜め前脚チェア型がいいなと思っているのですがお薦めは何かございますでしょうか?

とりとめのないコメントで申し訳ありませんがもしよろしければアドバイスお願いいたします。
  • しー
  • 2017/06/07 11:29 AM
しーさま

はじめまして^^

お気遣いいただいてわざわざこちらにコメントいただきありがとうございます♪

カリモク家具のピュアナチュールの100cm幅にワゴンをセットした場合に、XT1811を合わせることができるかどうかというご質問ですね。

カタログスペック上、幅504mmのところに幅480mmのチェアを収めることになり、その差は24mmありますから、問題なしとするのが一般的かと思います。
学習机にチェアを組み合わせたらゆとりが20mmしかないということはよくある話ですし、ピュアナチュールの脚形状ならなおさら問題ないと思います。

ただ、チェアを収める部分の実測値が480mmだったというのがちょっと気になるところですね。
単なる測り間違いの可能性もありますし、ちょっとした加減で脚が内側に寄っている可能性も考えられます。
一度、デスクの手前を少し持ち上げて、静かに床に下してから、改めて寸法を測り直してみてください。

それでもやっぱり480mmしかないということで、なおかつ寸法的に不安があるようでしたら、XT0911を選ばれるのが無難かと思います^^
しーさま

すいません、先ほどの最後のところはXT0901の間違いです(+_+)
早速のご返信をご丁寧にありがとうございました。
もう一度机をちゃんと測ってみたところ50センチでした!
XT1811でも問題ないとのこと、ありがとうございます。安心しました^^
ただ、XT0901も再検討していてそちらの形状もいいかもと思い始めています。
こちらは形以外の機能面はほぼ変わらないと思ってよいでしょうか?カリモクのHPでみたところ一つ機能マークは多かったのですが…。
ちなみに似たようなチェアを探していて
浜本工芸のDSC-2304、DSC-2804も気になったのですがこちらについてはいかがでしょうか?
質問ばかりですみません。クチコミもあまり見かけないのでもしよろしければお教えくださいm(__)m
  • しー
  • 2017/06/08 2:15 AM
しーさま

改めて確認してみたら十分なスペースがあったということで良かったですね^^

XT1811以外でもご検討中とのことで、まずXT0901は背もたれの角度が調整できるようになっています。
しかしこの機能はそれほど重要ではないでしょう。

XT1811とXT0901の違いは主に、デザイン、サイズ、あとは実際にピュアナチュールにセットしてみてどちらが座りやすいかというところだと思います。
これは個人差があるので、一概にどちらが良いということはできません。

あと、XT1811は幅がゆったりなので机の下に収めるのは少しギリギリになりますが、お子さんの体が大きくなったときにはゆったりと座りやすいと思います。
逆に、お子さんの体格がそれほど大きくならないだろうと思われる場合は、XT0901で十分ではないかと思います。

いずれにせよ、椅子はある程度消耗品です。
ウレタンの寿命や好みの変化などもありますから、それほど先のことまで考える必要はないと思います。

浜本工芸のDSC-2304やDSC-2804を選ぶとしたら、こちらのほうがダイニングテーブルに合うというときくらいでしょう。
ピュアナチュールとは色やツヤが若干異なりますので、やはりピュアナチュールにはカリモク家具のチェアをセットしたほうが似合うと思います。

ちなみにDSC-2304とDSC-2804の違いは背もたれのクッションの有無ですが、椅子の背もたれは椅子を引く手で汚れやすいため、また学習中はそれほど背中が背もたれに接することがないため、背もたれが張りではないDSC-2304のほうがオススメです。
詳しいご説明をありがとうございました!
DSC-2804の背もたれのクッションの件、あった方がいいのかどうかと迷っていたのでお聞き出来て良かったです。確かに汚れやすいし学習中に背もたれの必要性もそこまで感じないですよね。納得でした^^

うちの子どもは小柄な男の子で椅子の扱いも雑なので…そうなるとやっぱりXT0901が一番いいかなと思ってきました。今度店舗で見比べて来たいと思います。
本当に色々とアドバイスありがとうございました!
  • しー
  • 2017/06/09 12:49 AM
しーさま

XT0901が一番無難でしょうね。
ダイニングテーブルからデスクに移動させるにもコンパクトで収まりが良いですし、小柄でしたら座面の奥行も調整しやすいと思います。

でも実際に座ってみないと分からないところも多いので、店頭で座り比べてもらうのが一番だと思います^^
先日はご親切に解説してくださいましてありがとうございました。
実物を見てやはりXT0901を購入することにしました。
XT1811の方がすわり心地は良かったのでもし机幅が110センチだったらそちらにしたかもしれませんが…。でもすっきりしたデザインでダイニングテーブルにも移動もしやすく結果的には良かったと思います。

優柔不断なので色々と相談に乗って頂き本当に助かりました。また下の娘の学習机購入の際には来訪させて頂きたいと思います。ありがとうございました。
  • しー
  • 2017/06/27 12:29 AM
しーさま

わざわざのご報告ありがとうございます^^

XT0901に決まったということで良かったですね!
これならデスクとダイニングテーブルの間の移動もしやすくて良いと思います。

次はまた下のお嬢さまの学習机選びが控えているのですね。
そのときにはまた変化があるでしょうか。
楽しみですね^^

またご質問等ございましたら、いつでもお越しください♪
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

categories
archives
new entries
recent comment
profile
search this site.
recommend
others
counter
  • 累計:
  • 本日:
  • 昨日:

このページの先頭へ▲